よく読まれている記事

【手・笛・無線】クレーン運転者に正しく指示が伝わる玉掛けの合図一覧

玉掛けで使用する合図まとめ

 工事現場などで活躍中のクレーン。ただ、操縦している側にとって
うまく距離感がつかめないことが多々あります。そんなときに頼みの綱と
なるのが、指示者の存在。

 指示を出す側、受け取る側、どちらかが意味を間違えれば、
重大事故につながりかねません。そこで今回は、確認のためにも
玉掛けの際に使う合図を、手、笛、無線(声)でそれぞれ
まとめました。

Read more...