よく読まれている記事

「第42回東京モーターショー2011」最新トラック情報

各メーカーの最新車種情報!!第42回東京モーターショー2011
第42回東京モーターショー2011

12/3(土)~12/11(日)に東京ビックサイトで行われる
「第42回東京モーターショー2011」
テーマ「POWER TO THE FUTURE」です!!エコについて考えられたトラック新世代のトラックが発表されました!!

こちらのイベントで三菱ふそうさんが出展される
・「キャンター エコ ハイブリッド
・「キャンター E-CELL(キャンター イーセル)」
・「スーパーグレート エコ ハイブリッド
の3台についてご紹介します!




キャンター エコ ハイブリッド
・世界初公開となる新型ハイブリッドトラック。
 2006年に発売された現行モデルをフルモデルチェンジした2代目の車両。

・モーター内蔵デュアルクラッチ式自動トランスミッションDUONIC®(デュオニック)を採用し
世界最高レベルの燃費をめざすため、新型の高性能リチウムイオン電池と4P10型ディーゼルエン ジンを組み合わせた。


キャンター E-CEL
キャンター E-CEL

・国内初公開となる小型電気トラック。走行中のCO2排出がゼロ、地球環境に配慮したEV(電気自動車)
ベース車両は、車両総重量3.5トン。欧州向け小型トラック「キャンター」の3S13モデル。

・リチウムイオンバッテリー(40kWh)とモーター(出力70kW、最大トルク300Nm)を搭載。
 これにより10時間(200V)の充電で、約120kmの走行可能。



スーパーグレート エコ ハイブリッド
スーパーグレート エコ ハイブリッド

・国内商用車として初の高速走行を前提とした大型トラックベースのハイブリット自動車。

・パラレル方式のハイブリッドシステムを採用。新開発のモーターと12段機械式自動
トランスミッションINOMAT-II(イノマットツー)および、新開発のリチウムイオン電池と、  6R10型エンジンの組み合わせ。
 これにより、高速道路での走行時に、従来ディーゼルトラックより10%以上の燃費改善効果を  達成。




ほかに、大型観光バス「エアロクィーン」もあり、合わせて三菱ふそうさんから4台の車両が
「車両展示コーナー」で展示されます。

以上、簡単にですが最新トラック情報でした!
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)