トラックの速度表示灯について

トラックの速度抑制装置  古い大型トラックなどの屋根のランプが光っているのって
 一体どんな意味があるのか知っていましたか?
 その速度表示灯と呼ばれる屋根のランプについて今回は調べてみました!





速度表示灯とは


速度表示灯とは大型トラック(車両総重量8トン以上または最大積載量5トン以上、従ってバスは除く)に
義務付けられていた3段階に点灯する黄緑色の3つのランプ(自動車保安部品)の一種。

道路運送車両法第3章「道路運送車両の保安基準」48条において、1967年(昭和42年)
8月以降の大型貨物自動車は、屋根上の正面から見てすぐ分かる位置に速度を示すランプを
つけることが義務付けられたそうです。
しかし、小・中型トラックおよび大型バスには義務付けられていないのですが、
これらの車両への取り付けは禁止されていないので付けることもできます。

速度表示装置は、下表に掲げる速度で走行する場合に後に示す個数の灯火を自動的に
点灯する構造です。



トラックの速度抑制装置 速度表示灯の色の説明


  • 速度表示灯は、前方 100m の距離から点灯している灯火の数を確認できるものであること。
  • 速度表示灯の表示は、平坦な舗装路面での走行時において、著しい誤差のないものであること。
  • 速度表示装置は、運転者が運転者席においてその作動状態を確認できる灯火その他の装置を備えたものであること。
  • 走行しているトラックを前から見ると、速度表示灯以下のように見えることになる。



廃止になった原因

●問題
日本では大型トラックに速度表示灯を義務つけていたのですが、海外製の大型トラックを日本に輸入する際にも、新たにこの速度表示灯を取り付けなければ保安基準を満たしていないと判断され、認可が下りなかったり改造費用などの問題がおきた。

●廃止
規制緩和、速度抑制装置の装備義務化、海外への輸出の関係など一般人の認知の低さも原因の一つとされているらしい。
これらの原因が発生したために1999年(平成11年)の法改正により廃止された。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.