トンネルや橋や路上で制限された道路の許可申請とは?

トンネルや橋や路上で制限された道路の許可申請の仕方とは?

ボルボトレーラー
トンネルや橋や路上での高制限や重さを超える大型トラックなどは
法律的にだめなのですが、やむおえない理由などの場合な
許可をえるにはどうしたらいいのか調べてみました。

一般的制限値以下の車両であっても、橋、高架道路、トンネルなど車両の重量、
高さで制限値が定められているときは、これを超えて通行してはいけません。

(道路法第47条第3項、第47条の2第1項に表記されています。)

道路標識に示されている制限重量を超える車両を通行させようとする場合は、
特殊な車両と同様に、道路管理者に「通行許可申請」を行わなければなりません。
(例)一般的制限値(車両幅2.5 m)内の大型車であっても車両幅員が
車道幅員の2分の1を超える道路については通行できません。


通行許可の対象

  • 車庫、空き地その他車両を通常保管するための場所に出入りするための車両
  • 身体に障害のある方を搬送すべき相当の事情がある車両
  • 貨物の集配、土木建築工事、移転等業務上必要と認められる車両
  • 傷病者の治療、搬送等のため必要と認められる車両
  • その他公益上、社会慣習上必要と認められる車両(祭礼行事、冠婚葬祭等)


通行許可の申請方法等


申請は車両ごとに日時、場所及び用務を特定して申請して下さい。

  • 申請者
  • 許可を受けようとする車両の所有者又は使用者
  • 事業者の場合は、代表者の氏名及び主たる運転者を併記
  • 申請書等
  • 通行禁止道路通行許可申請書(2通)



  • 申請者欄は、「申請者の記名押印」又は「申請者本人の署名」のいずれかを選択できます。
  • 記載内容に訂正がある場合は、
  • 訂正箇所へそれぞれ「訂正印」等が必要です。
  • 自動車検査証又は軽自動車届出済証の写し(1通)
  • 通行禁止道路内の目的地、経路等を記載した略図(2通)
  • その他やむを得ない理由を明らかにする書類等

申請者欄は、「申請者の記名押印」又は「申請者本人の署名」のいずれかを選択できます。
記載内容に訂正がある場合は、訂正箇所へそれぞれ「訂正印」等が必要です。
自動車検査証又は軽自動車届出済証の写し(1通)
通行禁止道路内の目的地、経路等を記載した略図(2通)
その他やむを得ない理由を明らかにする書類等



申請先文字


通行しようとする規制区域・区間を管轄する警察署です。
通行しようとする道路が2以上の警察署の管轄にわたる場合は、原則としてそれぞれの警察署への申請が必要となります。


許可の期間


一時的なものについては、必要な日時を限定。
車庫等への出入りなど恒常的に通行する必要がある場合は、最長3年を限度として「必要な期間」。


許可条件


通行許可を受けるに当たっては、交通の安全上等の理由から必要により条件が付きます。
申請から許可証交付までの期間。

警察署長が通行を許可する場合は、通行許可証が交付されますが、交付までは3日間程度(土、日曜及び休日並びに年末、年始を除く。)の期間が必要となるそうです。



おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.