よく読まれている記事

日野自動車の日野レンジャー:レーシングトラック

日野の「日野レンジャー」


日野レンジャー レーシング用
中型レーシングトラックの日野自動車:日野レンジャー!
トラックながらレースに挑戦をした気になるトラック。
2号車が排気量10リットル未満クラス3連覇達成したと
話題の日野レンジャーにつ いてご紹介します!



日野レンジャー(輸出名:HINO 500 Series)の2台体制でトラック部門に参戦した
日野チームスガワラは2号車菅原照仁/鈴木誠一組が総合9位/排気量10リットル1位、
1号車菅原義正/鈴木誠一組が総合24位/同クラス3位の成績で2台揃ってゴール。
チームは同クラス優勝と総合上位入賞という目標を達成した。



日野レンジャー<競技車両主要仕様>



車両       …名称日野レンジャー
エンジン     …型式 J08C-TI(ターボインタークーラー付き)
シリンダー    …直列6気筒
排気量      …7,961 cc日野レンジャー
            450ps/2,700rpm以上
最高出力     …450ps/2,700rpm以上
最大トルク    …76kgm/1,600rpm以上
トランスミッション…6速ダイレクトドライブ
副変速機付き   …トランスミッション
トランスファー    …2速
            Hiレンジ:1.000
Loレンジ     …1.598
アクスル     …Full floating
          フルフローディング
          デフロック前後付 4.625
サスペンション  …前後マルチ式リーフスプリング
車両サイズ    …全長:6,100mm
          全幅:2,390mm
          全高:3,100mm
ホイールベース  …3,750mm
タイヤサイズ   …14.00x20
車両総重量    …1号車:7,000kg
          2号車:6,700kg


エンジン(CTIS)

エンジン
J08C型インタークーラーターボエンジンは最大回転数の高回転化、噴射ポンプ調整など規定に準じたファインチューニングが施されて、レッドゾーンまでストレスなく噴けあがる。扱いやすさに加え、その耐久信頼性は絶大で、大型タイヤとの組み合わせで最高速は170km/hに達します。



サスペンション

サスペンション
道なき道で争われるダカールラリーではサスペンションのセッティングが重要だそうです。操安性を保ちながら、砂丘や岩場、さらには高速時のギャップ通過などあらゆるシチュエーションをこなすセッティングが求められる。使用サスペンションは毎年、改良に改良を加えたホリキリ社製のマルチ式リーフサスペンションに各輪2本のレイガー社製ショックアブソーバー。


空気圧調整システム(CTIS)

加減圧を行うコントロールボックス
走行中に車内からの操作でタイヤ空気圧の調整が行える装置。エアタンクから、エアシールで密閉されたハブベアリングを介して、空気圧を加減する。ラリー時は0.8から3.5キロ圧の範囲内でナビゲーターが絶えず調整する。


リアボディ

リアボディ
キャブと側面を合わせ空力にも配慮した設計のリアボディは坪井特殊車体で改良を重ね製作されたもの。2号車は幌素材を使用。荷台内には燃料タンクが固定され、スペアタイヤ2本、最低限のスペアパーツ。


燃料タンク

燃料タンク
リアボディ内のものを含み日本軽金属社製の燃料タンクが合計3つ積まれる。車両規則で800キロの無給油走行を義務づけられているため、総容量は600リッターに及ぶ。左右のサイドパネル内には工具やエアジャッキなどが格納され、パンクなどのトラブル時に即座に対応できる構造です。。


フォグランプ

フォグランプ
補助灯としてHIDランプを装着。夜間でも真昼のような明るさで広範囲を照らすHIDランプは、フォグランプをはじめ灯火類にはストーンガードとして破損防止用の特殊フィルムが貼られ、光量を落とさない工夫もなされている。


コクピット

コックピット
ワイド&ハイルーフ仕様のキャビンに組み込まれた70ミリ口径のロールゲージやレース用バケットシート、ナビゲーション機器類などがラリーカーの雰囲気をかもしだしている。ただ、カミオン部門の出場車両はこれらの安全装備品やナビ廻りといった、必要最低限の改造以外は認められていないため、メーター廻りやダッシュボードなどは市販車両と変わらない。

バケットシートはFIAの規格品を改造した、クッション性の高いスペシャル品。長時間走行を強いられるダカールラリーでは、シートの選定も重要なポイントだ。また、フロントガラスには全面にセイコーステラ社製の特殊フィルムが貼られ、飛び石による破損防止や断熱、UVカットといった効果を発揮している。

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)