Q:トラックの分類について(大型・中型・小型)

大型トラック Q:トラックの分類

トラックには小型トラック中型トラック大型トラックとあるけれど
一体どういった違いでそれが別れてるんだろう…。
大きさだけなのだろうか…。
と、ふと疑問に思ったので調べてみました!

A:トラックの分類詳細
大型トラック 中型トラック 小型トラック
三菱「スーパーグレード」 三菱「ファイター」 三菱「キャンター」

道路運送車両の保安条件>によると、
大型トラック中型トラックの違いは「車両総重量」で分けられ
中型トラック小型トラックの違いは「寸法と積載量」で分けられている。

○大きさ
大型中型トラックは→12m×2.5m×3.8m以内(全長×全幅×全高) 
中型小型トラックは→4.7m×1.7m×2m以内

○定義
大型→最大積載量5t以上または車両総重量8t以上
中型大型小型に当てはまらないもの
小型→最大積載量2~3t以下 かつ 総排気量2000㏄以下(正し、ディーゼル車、天然ガス車は排気量制限)

○ナンバープレート
大型中型→1,8
小型→4,6,8

○免許
大型→大型免許
中型小型→普通免許


トラック業界>では、
トラックメーカーの区分に従って、標準積載量によって4t以上の普通トラックと
4t未満の小型トラックに区分され、普通トラックは更に中型大型に区分することがある。
小型トラックと普通トラックの違いを最大積載量2tとする場合もある。

○標準積載量による分類
・普通トラック(大型)→5t以上
・普通トラック(中型)→4t以上5t未満、2t以上5t未満
小型トラック   →2~3t程度(4t未満)、2t未満

○通称
・普通トラック(大型)→:10t車、20t車、25t車
・普通トラック(中型)→4t車
小型トラック→2t車




大きさだけで決められてたわけではないんですね。

おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.