大型免許取得するための豆知識

酒井重工 ロードローラー
前回、大型特殊免許の取得するための費用
試験内容についてまとめたのですが
今回は大型特殊免許について。
大型特殊免許ではフォークリフトやパワーショベル、
クレーン車といった重機や 作業車を公道で走行するのに必要となります。
その免許を取得するためにはどうしたらいいのかまとめてみました。

大型特殊免許は、大型特殊自動車を公道で走らせる場合に必要な運転免許で、
普通自動車免許を取得していなくても取得可能で、第一種免許、第二種免許があります。
今回は第一種免許についてまとめました。

【大型特殊自動車とは?】

大型特殊自動車が国土交通大臣の指定する構造の
キャタピラを有する自動車特殊な構造を有する自動車です。

  • 全長…「12.0m以下」
  • 全幅…「2.5m以下」
  • 全高…「3.8m以下」
  • 最高速度…「制限なし」
  • 総排気量…「制限なし」

【特殊自動車の具体的な車】
・クレーン
・ショベル
・フォークリフト
・ホイールクレーン
・ロードローラー
・ロータリ除雪自動車
・農耕トラクタ
・農業用薬剤散布車
・刈取脱穀作業車
・田植機

※大型特殊自動車でも、普通自動車と同様に敷地内での運転する場合は大型特殊免許は不要です。
また大型特殊免許を取得すれは上記のような車を走らせることは可能ですが、
実際にそれらの大型特殊自動車を使用して作業するには、
それらの資格が必要になります。


大型特殊免許を取得する方法

大型特殊免許には大きく分けると二種類あります。
TZ701(タイヤ式ローラー) ・「指定自動車教習所へ通って技能卒業検定に合格する」
・「運転免許試験場で技能試験を直接受験する(一発試験)」
最終的に運転試験場で行われる学科試験に合格すれば晴れて大型特殊免許を取得することができます。

大型特殊免許を取得するまでの流れ
1:指定自動車教習所に入学(入校)
2:適性検査(視力・聴力検査など)
3:技能講習・学科講習
4:技能卒業試験
5:運転免許試験場での適性検査(視力検査など)・学科試験
6:大型特殊免許証交付
※3ヶ月位以内にすべての教習を終了しなければなりません。(普通自動車免許の場合は9ヶ月)

大型特殊免許を取得できる条件
  • 年齢:満18歳以上
  • 視力:両眼で0.7以上、片眼で0.3以上、視野150°以上であること
  •   (眼鏡・コンタクトレンズ使用可)。
  • 聴力:日常の会話を聴取できること。
  •    具体的には、10メートルの距離で90デシベルの警音器の音が聞こえること。
  • 学力:普通の読み書きができ、その内容を理解できること。
  • 運動能力:自動車等の安全な運転に必要な認知、又はハンドルその他の装置を随意に操作できるなど、        自動車の運転に支障を及ぼす身体障害がないこと。

※以下の条件に該当する方は免許を取得することができません。
法定で定められた病気(精神病・てんかん等)や、中毒(アルコール・麻薬・覚せい剤等)にかかっている方。
交通違反や事故などの行政処分を受け、欠格期間が終了していない方
(欠格期間が終了していれば取得可能)。

大型特殊車
大型特殊免許で運転できる車
  • 原動機付自転車
  • 小型特殊自動車
  • 大型特殊自動車


指定自動車教習所へ通って技能卒業検定に合格する
●適性検査
まず入校前に、大型特殊免許の教習を受講する資格があるかどうか確認します。
運転に関する状況判断や行動の正確さなどを自覚していただくための検査です。
あわせて視力や聴力などの検査も行います。

●第一段階
教習所の場内コースを利用した技能教習が始まります。特徴的な車のため、
正しい操作手順を身につけ、安全を意識した運転ができるよう様々な交通状況に適した運転技術と
知識を学びましょう(技能教習は1日2時限まで受講可能です)。
すべての教習を修了すると、次は第二段階です(※技能修了検定はありません)。

●第二段階
場内コースを利用して、実際の路上運転を想定した教習を受けます。
様々な交通状況に適した運転技術を身につけるとともに、危険予測といった実際の
運転に即した教習が行われます(技能教習は1日3時限まで受講可能です)。

●技能卒業検定(卒検)
第一段階、第二段階での技能教習で学んだことを確認する総合的な技能卒業検定です。
これに合格すると、卒業証明書が交付され、自動車教習所を卒業です。
心を落ち着けて試験に挑みましょう!

運転免許試験場で技能試験を直接受験する(一発試験)
●受験の流れ
(例:大型特殊免許)
 試験受験から免許証取得までの流れは、既に持っている免許証の種類によって異なります。

●試験日までに
・運転免許センターへ技能試験の申し込み。
・受験可能な曜日については限りがあります。

●試験当日
・申請用紙に記入
 申請窓口に置いてあり、書き方の例もあります。
・申請書提出
 午前8時30分から受付開始です。安全運転協会の窓口に申請書を提出し、
 試験手数料2,950円と貸車料1,650円を県収入証紙にて納付します。
・適性検査
 視力、運動機能などの検査があります。
・予約の確認
 受験車種と名前を確認し申請書を提出。確認後受験票をもらい、大型車試験待合室へ。
・試験の内容についての説明
 午前9時30分から試験官から試験の内容についての説明があります。
・試験開始
 説明が終わるとすぐ、受験番号順で試験を行います。試験が終わったら、
 合格発表まで合格発表板前で待機。

※もしも試験が完走せず終了してしまった場合は、受付で書類を返却してもらい、
「お帰り」となってしまいます。


事前に準備する要なもの
・運転免許証
 他の種類の運転免許を既に持っている人は必要です。
 (大特一種の場合、免許を持ってない人でも取ることができますが、これは稀なケースでしょう。)
・写真
 書類に貼付する免許証用の写真(3.0×2.4㎝)1枚
・お金
 試験手数料    2,950円(車種によって異なります。)
 貸車料      1,650円(試験車のレンタル料のようなもの。これも車種によって違います。)
 免許証交付手数料 2,100円(第一種免許の場合)
 交通安全協会費   900円(いろいろ物議を醸していますが、一応必要な費用としておきました。
             もちろん任意です。)
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.