よく読まれている記事

フォークリフト免許を取得するための条件や費用って?

フォークリフト免許を習得するには

 工場や倉庫だけではなく、今ではスーパーの仕入れ作業の時にも
使用されているフォークリフト。

 これだけ多くの需要があるだけに、フォークリフトの運転免許を
取得しようとしている人が年々増加する傾向にあります。
 しかし、免許取得のためにはどんな条件があるのか、どれくらいの
費用が掛かるのか等、まだまだわからない方も多いと思います。

 そこで今回は、フォークリフト免許の取得に関わる様々な情報
まとめてみました。


フォークリフトも使う場所に応じて種類も様々

たくさんのフォークリフト
【フォークリフトの種類について】
 フォークリフトというと、多くの方はショベルカーの様な本体にツメが二本
付いたものを想像されるかと思いますが、実は用途別に種類が分けられて
いるんです。

 では、早速どんな種類があるのか確認してみましょう。

・カウンターバランスタイプ
・リーチタイプ
・ピッキングリフト
・コンテナキャリア
・トップリフター
・クランプリフト

所持する免許の種類により、積載最大荷重は変わってきますが
上記の種類のフォークリフトを運転・操作することが出来ます。


技能講習時の取得方法と費用

リフトの技能講習
【技能講習の場合】
 技能講習は、都道府県労働局長登録教習機関において行われ、この技能講習
に合格することにより、積載最大荷重1t以上のフォークリフトを操作する事が
できます。

 講習科目や受講時間は、フォークリフト運転技能講習規程に基づいて決め
られていて、修了済みの特別教育や実務経験の有無などにより所要時間が
異なります。

 所有資格別の受講時間は以下のようになっています。

総合受講時間11時間の条件
普通免許、大型自動車免許、大特(カタピラ限定)を所持し1t未満の
フォークリフト特別教育修了者で、運転経験が3ヶ月以上ある者。
または、大特免許を所持する者。(カタピラ限定を除く)

学科:7時間 実技:4時間 費用22,000円程度

総合受講時間15時間の条件
自動車運転免許証を所持せず、1t未満のフォークリフト特別教育修了者で
運転経験が6ヶ月以上ある者。

学科:11時間 実技:4時間 費用23,000円程度

総合受講時間31時間の条件
普通免許、大型自動車免許、大特(カタピラ限定)を所持している者。

学科:7時間 実技:24時間 費用38,000円程度

総合受講時間35時間の条件
上記のいずれの資格も所持しない者。

学科:11時間 実技:24時間 費用42,000円程度

※フォークリフトの運転経験を証明するためには、会社代表の証明が
必要になります。


特別教育時の取得方法と費用

おもちゃのリフト
【特別教育の場合】
 特別教育は各事業所(企業等)又は都道府県労働局長登録教習機関において行われ
この特別教育を受ける事により積載最大荷重1t未満のフォークリフトを操作する
事ができます。

 安全衛生特別教育規程で規定された履修時間は12時間(以上)となっていて
自動車免許を所持している場合、履修時間は10時間(以上)に短縮されます。

 特別教育の受講時間は以下のようになっています。

総合受講時間10時間
学科:6時間 実技:4時間 費用17,000円程度

※なお、フォークリフトで公道を走る場合は大型特殊自動車免許、または
小型特殊自動車免許が必要で、かつ荷物を積載しない状態での走行のみ
認められているので、上記の資格を取得しただけでは公道の走行は出来ない
ので注意しましょう。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)