アルミウィング

アルミウィングについて



アルミウィング1
平ボディーと同じく、日常的に多く目にするアルミウィング
この車種はいったいどういった特徴を持っているのでしょうか?



アルミウィングとは、長距離運送向きのトラックで、
主に、長距離運送業者(運送業、宅配便の集配操業、引越し業者など)で多く用いられています。
輸送コストを下げるため、一度にたくさんの荷物を運べる5トン以上のアルミウィングを使うのが一般的らしいです。


▼ 特徴


1,積載スペースをアルミボディで覆っているタイプのトラックのことを指し2t車、4t車を始め積載量のバリエーションも沢山ある。

2,両サイドの側面パネルが上下に開閉でき、平ボディー車とバン型車の特性を生かした構造

3,アルミ製なので、車体が軽量。そのため他の仕様よりも積載量を多くすることができる。

4,高速道路を高速で走行するため、積載している荷物についても安全性がもとめられるが、
 積載スペースが頑丈なアルミボディで蔽われている分、荷崩れの心配がない

5,両側の壁や天井を利用して固定をしたり、緩衝材をはさむなど対応することが可能なので、形が崩れやすい果物や、
 壊れやすい精密機器など、振動に弱い荷物を運ぶ際には梱包や積み込み環境に気を使うものも安心して運べる。

6,幌がけやロープ等での固定がいらないので積み降ろし作業時間が短縮

7,側面が上下に開閉するので、雨や直射日光から荷物を守ることができる。

8,側面のアルミは波上または平面加工されているが、内側の板はベニヤ版が主となっているので、特に温度管理の機能等は
  装備されていない。

アルミウィング2


※ちなみに…
側面パネルを開けたときの姿がカモメの翼に似ているので『ウィング車』と呼ばれているそうです。



平ボディーより購入コストが高いのですが、そのぶんメリットも多く汎用性が高いので、
多くの運送業者さんに用いられています。

おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.