よく読まれている記事

雨の日のトラック運転のコツや注意点

雨の日のトラック運転のコツって?

雨の日のトラック運転のコツって?  普段から車やトラックを運転する慣れている人でも、雨の日の運転
というのは難しいもので事故を起こしそうになってしまったことがある
という人はほぼ100%に近いのではないでしょうか。
 私も免許を取り立ての頃、雨の日にバイトに行く途中でスクーターで転倒。
何10mも道路を転がったこともありましたが…今回はそんな雨の日の
運転方法やコツについて調べてみました。




雨の日の特徴


【雨の日の事故率】

 雨の日の運転は、視界が悪いだけではなく路面も滑りやすくなっているので
晴れの時よりもさらに慎重な運転が必要となるのは言うまでもないですね。
 具体的に首都高速道路株式会社の調査によると、雨の日の事故件数は
晴れの日と比べて約5倍程度、雨の日の夜間はさらに視界が悪くなっているので
深夜の場合は実に晴れの日の約7倍まで高くなるという調査結果が
出ています。

雨の日の事故率


【雨の日に起こる事故】

 雨の日の事故でもっとも多いのはスリップによる事故で、その原因の
多くは速度超過状態のままカーブに進入してしまうことで、他にも

●追い越し時に急加速したら直線でもスリップしてしまった
●水たまりに進入しただけでスリップしてしまった
●マンホールの蓋を気にせず越えようとしたらスリップしてしまった

といったケースが多いみたいです。
 さらに、雨の日の特徴として歩行者を見落としてしまうことに起因する
事故もそれに次いで多いもので、特に夜間は視界が悪いので歩行者や
自転車などの認識が遅れがちです。
 中には衝突するまで存在に気付かなかったというケースも…。


雨の日の不安を解消する


【エアコンを使う】

エアコン  雨の日は湿度が高くなるのでフロントガラスが曇りやすくなります。
なので、車内のエアコンを除湿かデフロスターに切り替えて高めの
温度設定にすればすぐに曇りを取るくおとができます。
 また、ガラスの内側の汚れも曇りの原因になるので
いつもきれいにしておく方が良いです。


【ウインドゥウォッシャーを使う】

ウインドゥウォッシャー  雨に降り始めや雨上がりなどは、ワイパーを使うと水分が十分に
ないために逆にフロントガラスが汚くなって視界が十分に確保
できなくなる場合があります。
 その場合はウォッシャー液を噴射することで解決できますが
 ウォッシャー切れで困らないために点検・補充は注意が必要です。


【ライトを使う】

ライト  雨の日は太陽の光が差さない分どうしても視界が暗くなる上に
雨粒やワイパーの作動などでドライバー自身もさらに視界が悪くなり
見落としなどの危険性が高くなりがちです。
 最近はライトを点けて走行する車も見られるようになりましたが
その割合は、まだまだほんのわずかです。
 ライトは他車や歩行者にも自分の車の存在を気付かせる効果もあるので
積極的にライト点灯をすることで安全性を高めることができます。


【走行時の注意】

マンホール  一度雨が振ってしまうと、とたんに降舗装路でも滑りやすくなり
乾いた道路に比べて制動距離がどうしても長くなってしまいます。
 雨の日は急発進・急加速・急ブレーキ・急ハンドルなどをしない
というのはもちろんですが、車間距離をいつもよりも多く確保したり
速度も控えめにすることで先行車からの水はねも少なくなるので
とっさのときに追突事故などを回避することができます。
 また、道路に書かれている停止線・横断歩道などの白線・落ち葉の上
マンホールの蓋・工事中の鉄板の上など
はただでさえ滑りやすいので
特に注意が必要で、理由のない限りは通らないほうが無難です。


【日頃の点検】

日頃の点検  雨の降る前にまずチェックしておきたいのはワイパーブレードです。
ワイパーブレードはゴム製なので古くなるとすぐに劣化して水滴を十分に
拭きとれなくなるだけでなく、拭きむらができて逆に視界を妨げてしまいます。
 ウォッシャー液を噴射しながらワイパーを作動させて、よく拭きとれるか
どうかは不安なら必ず確認をしておきましょう。
 また、タイヤの溝がすり減ってしまっている状態はスリップする確率が
大幅に高くなってしまっていて非常に危険です。
 どちらも摩耗が激しいようならお金を惜しまず早めに交換しましょう。


雨の日特有の事故を防ぐ


【スリップ/ハイドロプレーニング現象】

 スリップは、特に雨の降り始めに起こりやすくなっていて
これは、路面にホコリや泥などが浮き上がっているからです。
 また、高速道路などの走行速度が高い状況ではハイドロプレーニング現象が
起こりやすくなっていて、一度起こってしまうと車をコントロールすることが
できなくなって大変危険です。
 いずれの場合も、スピードを出さないことで、いつもよりも車間距離を広く
するとなお良いです。
 減速したときは晴れの日の感覚でブレーキを踏むとスリップする危険性が
あるので十分な注意が必要です。

スリップ/ハイドロプレーニング現象


【見落とし事故】

 雨天時の事故としてスリップと同じくらい多いのが見落としによる
事故で、見落とし事故を防ぐためにはとにかく周囲の状況に十分に
気を配ることが大切です。
 具体的にはポイントとしては夜間の歩行者・明るい交差点
窓ガラスの曇りの3点をまず注意すると良いと言われていて
これは明暗差や街灯の乱反射などによって歩行者を見落とす可能性が
あるからです。
 意外な盲点といえるのが窓ガラスの曇りで、雨の日は湿度が高く
窓ガラスが曇りやすくなっているのでエアコンや市販されている
クリーナーなどを活用すると効果的です。

見落とし事故


雨の日特有の事故を防ぐ


【まとめ】

 一般的には常識な部分もかなりあったとは思いますが

	●晴れの日に比べて5~7倍近く事故が起こりやすい
	●水たまりに進入しただけでスリップする可能性がある
	●雨の降り始めが滑りやすい
	●ワイパーは場合によって逆効果になることもある

といったことは意外と知らなかった人も多いんじゃないでしょうか?

 とはいえ、文面だけでは伝わりにくいですしこれで事故が起こらなく
なるなら誰も苦労はしないので、やはり周りの経験者の人に聞いてみたり
するのが一番かもしれませんね。

関連記事

Comment

タイヤの選択が出来ない現在
リブパターンばかりで、タイヤが危ないでしょ。雨の降る日はミックスタイワ。乗用車でもミックスパターンが欲しい。んなモノ売って無いから、お買い物軽自動車にもラリータイヤを履くわたい ラリータイヤでも燃費に差は無い。
  • 2016/04/11 23:16
  • 通行人0
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)