トラックのエコカー減税・エコカー補助金

トラックのエコカー減税と補助金って?


エコカー

 最近、どのメーカーの新車もしきりに環境性能というものを
前面に押し出していてディーゼルエンジンを搭載していることが多い
トラックはなかなか肩身が狭いですよね。
 とはいえ、やはりエコカー減税とエコカー補助金は魅力的ですし
排出ガス規制のこともあって買い替え時が気になってる人も多そう
なので調べてみました。



エコカー補助金・減税とは


【低排出ガス車認定制度】

 そもそも、エコカー減税というものは自動車重量税・自動車取得税の
特例措置という政府が定めた税制改革の1つで、その目的は減税と補助金を
出すことによって消費者の環境対応車への買い替え・購入による経済対策を
見込むものであって、どちらかと言うと環境という点については二の次
という制度みたいですね。
 とはいえ、稼働時間の長いトラックにとってランニングコストの低減
というのは大きな問題ですし、買い替えによって将来的にはトータルで
プラスになるであろうことも考えると期間内での買い替えというのも
選択肢として発生しますよね。

環境性能


減額量


【エコカー減税】

ECO  エコカー減税の対象になるのは、新車購入時と車検時に支払う
自動車重量税と、50万円以上の車の購入時(中古車であってもOK)に
支払う自動車取得税の2つです。
 減税額はそれぞれの車両の環境性能に応じて100%(免税)・75%
50%と定められています。

●平成21年度排出ガス規制適合+平成27年度燃費基準達成 → 75%減税
●平成17年度排出ガス規制適合+基準値よりNOxかPMを10%以上低減
 +平成27年度燃費基準達成 → 50%減税


【エコカー補助金】

 エコカー補助金は、車両の購入時にエコカー補助金の条件を満たした
新車を購入することで国から交付される補助金のことでトラックの場合は
それぞれ

●大型 : 90万円
●中型 : 40万円
●小型 : 20万円

環境性能 となっています。
 補助金の申請は新車を購入した販売店を経由して行うことができ
国土交通省の審査を通過することで無事、指定した口座に振り込まれる
という仕組みですが、エコカー減税と違ってエコカー補助金は政府が
用意した予算額を超えてしまった場合は締め切り前でも受け付け終了
となるので今後同じ制度が導入される場合も注意が必要です。


【自動車税】

 新車登録年の翌年分の自動車税が減税になる制度で、ディーゼル
エンジンのトラックの場合は

●燃費基準値 : 平成17年基準+25%
●平成17年排出ガス基準値 : 低排出ガス車★★★★(75%以上削減)

を満たすことで約50%程度の減税が見込めるようです。

自動車税

最大積載量	通常時の税額
~1,000		8,000
~2,000		11,500
~3,000		16,000
~4,000		20,500
~5,000		25,500
~6,000		30,000
~7,000		35,000
~8,000		40,500
8,000~		40,500+6,300(+1トンごとに)
	


排出ガス規制


【通行の規制】

 エコカー減税などがあるとはいえ、結局支出が増えることには
変わりないのでまだトラックを変えたくない…という方も多いと
思います。
 しかし実は、現在平成22年(新ポスト)排出ガス規制という
自動車に環境基準が施行されていて、これを満たしていないような
古いトラックは法律によって通行が規制されているんですよね。
 現在ギリギリ満たしているというトラックであっても最近の
排出ガス規制はディーゼルエンジンのトラックの規制が厳しく
なり続けている一方なので、エコカー減税とエコカー補助金が
受けられるいい感じのタイミングで早く買い換えた方が一番
無難なのかもしれませんね。

自動車排出ガス規制の内容

●大気汚染防止法
罰則規定 : 6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金
●自動車NOx・PM法
罰則規定 : 6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金
●その他の都道府県条例
罰則規定 : 都道府県による

おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.