よく読まれている記事

トラックのミックスタイヤやスタッドレスタイヤの効果

トラックのミックスタイヤやスタッドレスタイヤって?


スリップ事故

 最近、冬タイヤの市場もいろいろな種類のラインナップが出てきてて
良くわからないことになっていたりもしますが、やはりチェーンを
つけるとなると時間も手間もかかりますし、タイヤだけで十分な制動力が
得られるのであればそれに越したことは無いですよね。
 ということでトラックに乗っていて事故を起こさないためにどんな種類の
タイヤがあってどんな効果があるのか
調べてみました。




一般的なタイヤと冬用タイヤの違い


【スノータイヤ】

スタッドレスタイヤ  スノータイヤとは、トラックに限らず自動車すべてにおけるタイヤの
種類の1つで、冬の積雪下でも安全に走行出来るように設計された
タイヤ全般を指す言葉です。
 スノータイヤはウィンタータイヤ(winter tires)とも呼ばれていて
日本ではこれを冬タイヤと呼び、通常のタイヤを夏タイヤと呼んで区別
されていることがあります。
 最近は後述するスタッドレスタイヤがスノータイヤとほぼ同義として
取り扱われていますが、本来のスノータイヤはチェーン無しでも雪道を
走行出来るタイヤとして区分する為の用語であってスタッドレスタイヤは
あくまでスノータイヤの1種に過ぎないものです。


【スノータイヤの構造】

 スノータイヤは一般的にノーマルタイヤやオールテレーンタイヤとは
異なるゴム組成物を用いて製造されていて、スノータイヤのゴムは
氷点下などの低温でもしなやかさが失われず雪をトレッド内部に
掻き込むようにして路面に食いつくことで優れたトラクション性能を
発揮しています。
 要するにノーマルタイヤに比べて柔らかく作られているので
タイヤの摩耗がノーマルタイヤより早いというデメリットがあります。
 ちなみに現在の日本では使用が禁止されていますが、国によっては
スノータイヤの氷上グリップ性能を補助するために金属製のスパイクを
トレッド面に打ち込んだスパイクタイヤの使用が認められているところも
あります。

タイヤ構造の一例
スタッドレスタイヤ


スノータイヤあれこれ


【種類】

 ではスノータイヤというものには一体どのような種類が存在するのか
下にまとめてみました。

●ノンスタッドタイヤ
スタッドレスタイヤが登場する以前の時代に使われていたもので、当時は
マッドテレーンタイヤをベースにトレッドの配置やパターンを少しだけ
複雑にしただけの簡単なものだったので、シャーベット状の路面などでの性能は
あまり良いものではなく自前でスパイクを打ち込んでしまうのが一般的でした。

●スパイクタイヤ
スノータイヤに金属製のスパイクを打ち込んで氷上のグリップ性能を強化したもので
スタッドレスタイヤ以上に強力なグリップ力があったものの、路面を削って深刻な
粉塵公害を引き起こしてしまう性質があるので世界的に使用が禁止されつつあります。
日本においても法律上で正式に公道上での使用が禁止されているので気をつけましょう。

●スタッドレスタイヤ
現在主流となっているスノータイヤで、スパイクタイヤほどでなくとも雪上では
十分なグリップ性能を発揮できます。
トレッド面やゴム材質にも特別な設計が施されているのが特徴です。

●マッド&スノータイヤ
別名ミックスタイヤ。
泥濘地などのオフロードと積雪路面に対応したいわば万能タイヤ的なものですが
このタイヤは性能が冬タイヤ専用品に比べて絶対的に劣るので、ちょっとした
積雪路面にも対応できる…程度の認識で過信しすぎるのは危険です。

●厳冬期対応タイヤ
主に北欧や欧米などで販売されるスノータイヤの一種で、極めて厳しい寒冷地に
おいても十分な性能を示す事を公的に認証されたタイヤです。
雪の結晶があしらわれた山のエンブレムがタイヤ側面に記載されているのが特徴です。


【ミックスとスタッドレスの性能差】

 ミックスタイヤとスタッドレスタイヤの性能がどのくらい違うのかというと
まずはチェーン規制に引っかかるかどうかという点が挙げられる思います。
 もし走行中にチェーン規制が発せられた場合、冬用タイヤとして認定されている
スタッドレスタイヤの場合はそのままの状態で通行をすることができますが
ミックスタイヤでは最寄りのPAもしくはSAにてチェーンを装着しなくては
なりません。
 ただし、積雪量や凍結の状況によっては全ての車輪に冬用タイヤを装着して
いたとしてもチェーン装着が必須となる緊急措置が行われることもあるので
スタッドレスを履いているとはいえ注意が必要です。


【実際の道路では】

 トラック側としてはスタッドレスにチェーンにと万全の体制で挑んでも
一部の車両が雪を甘く見てノーガードで走行を続けていると、それだけで
渋滞の要因となってしまい結果的に鈍行となりスタッドレスやチェーンを
付ける必要がまるでなかったなんていうことも実際の路面では多々あります。
 なので、走れればいいだろうという気持ちではなく回りの車両のことも
考えて積雪・降雪対策は各自しっかりと行うことが大切です。


最近の冬用タイヤ事情


【ブリヂストンのブリザック一強?】

 スタッドレスタイヤというものが世に出てから随分経ちますが
現状としては氷雪上性能においてはブリヂストンのスタッドレスタイヤ
ブリザックがとても高い評価とシェアがあり、東北では50%近いシェアが
あるという調査報告も…。
 その最大の理由は除水効果の高い発泡ゴムを採用しているところで
しかもこの発泡ゴムはブリヂストン独自の製法として特許を取得しているので
結果他社を大きく引き離す要因となっているようです。

ブリザック


【とはいえ】

 とはいえ、タイヤはそれぞれの状況や目的によって選ぶものであって
絶対的な性能を持つ製品というものはありえないので注意してください。
 まあ、初心者の方にはシェアが高いブリヂストンのブリザックが割高でも
安心感があっていいかも知れませんね。

関連記事

Comment

乗用車サイズのミックスタイヤが欲しい
なして、乗用車用タイヤはあげな危険な代物しか売られて無いのだらう(・・?)一般道で大して速度も出て道路の継ぎ目の金属プレート踏んだだけで滑るし(--;)首都高なんて恐いだろな。最近流行りのエコタイヤなんて信用ならん。音がしないように、溝も浅く基本リブタイヤだから、雨なぞで使い物にならん。体がラリータイヤ仕様になってるて、いまだにお買い物軽AT車に貰い物の競技で使い終わったラリータイヤを履かせてる。トラックのミックスタイヤのパターンが羨ましくてならない。排水性考えたら、その方が安全だと思うのだがf(^^;最近流行りの薄っぺらタイヤなんて要らない。195/65-15のタイヤを使いきるのは大変だわ。軽自動車に14インチなんて要らない。165/65-13を使いきれる一般ドライバーなんて居るのか?エコと命を引き換えにしたく無い。タイヤメーカーさんにお願いしたい。トラックのミックスタイヤのパターンと同じで構わんですから、エコゴムや無い乗用車サイズ作ってね。乗用車用オールシーズンタイヤが探せない自動車大国なぞ珍しいわ。まだ、走ってる13インチ軽自動車サイズも忘れずに。重心の高いミニバンSUVに薄っぺらタイヤ履かせて下だけ速く動くよにすると上がついて来ないから横転のリスクが増すやろ。車重もあるし少しの段差でホイールまでやっつけそうで恐いわ。薄っぺらやから、エア管理も見た目や判らんしな。管理出来ない運転手もいっぱい居る。 タイヤは命を乗せてるから、アジアンタイヤは履けない。
  • 2015/09/02 21:53
  • タイヤ好き
  • Edit
ミックスたいわ
東京が1cm 位の雪で、交通麻痺するのは、アホな方々が東京は坂の街(立体交差だらけ)だちう事を忘れとるせいと、夏タイヤに浅い雪でも走れる能力が無いせいです。エコタイヤなんて論外。雨の道路ペイント&継ぎ目の金属プレートで滑るんやから。たいわは命を載せている。せめてトラックのミックスタイヤと同じパターンで構わんから、普通のゴムのタイヤ作ってくろ。死にたくねーわ。タイヤメーカーも夏冬2セット売りつけて儲ける事ばっかり考えとるなや。履くタイヤ無いから、仕方無しにラリータイヤを使っている。競技で使い終わったタイヤでも街乗りには十分役に立つ。
  • 2015/10/10 16:25
  • 頭が悪いおぢさん
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)