トラックとトレーラーの違いって?

トラックとトレーラーの違い


トレーラー

 トラックの形態の1つとしてトレーラーというものがありますが
運送や物流といった目的は一緒であっても一般のトラックとトレーラー
というと構造からして根本的に違う2つであることは意外と知られて
ないですよね。
 ということで通常のトラックとトレーラーという2つのものの違い
とりわけトレーラーのことについて説明させていただきます。




トラックとトレーラーとは


【トラック】

 トラックとは日本では正式には貨物自動車という呼び名で呼ばれていて
主に貨物を運搬する構造の自動車のことを言います。

トラック


【トレーラー】

 一方、トレーラーとはエンジンが搭載されていないけん引されるため
だけのけん引されるための装置を持った車のことを指します。
 ちなみにけん引するための装置を持つ自動車の方はトラクターと呼ばれていて
こちらの方に接続することではじめて走行することができます。
 トレーラーはトラックの架装部分と同じように追加の荷台として
使用する小さなものから戦車が運搬できる大きなものまでさまざまな
大きさや種類のものがあります。

トレーラー


【トラックとトレーラーの関係】

 つまり、トラックは貨物を運搬する車でトラクターが引っ張られる
だけの車ということで、そもそも違うジャンルの車なので本来は違いを
比較するようなものではないんですね。

●トラクターとトレーラーの関係
トラクターとトレーラー


トラックとしてのトレーラー


【いろいろなトレーラー】

 自家用としてのトレーラーというとキャンピングカーなんかが
かなり一般的ですが、トラックとしてのトレーラーというと次の

●セミトレーラー
トレーラーの重量の一部をトラクターが支える。
通常は専用のトラクター(トレーラーヘッド)でけん引する。

●フルトレーラー
トラクターは通常の自動車で、トレーラー自身で自重を支える。

●ポールトレーラー
トラクターは通常の自動車または専用のトラクターでトレーラーと
トラクターを跨ぐように長尺の貨物を積載する。

が挙げられます。
 ちなみに、この中で日本で最も数が多いのはセミトレーラーで
フルトレーラーにさらにもう1つ荷台を連結させて公道を運行することは
法律で禁止されています(私道では可)。

●トラクターとトレーラー
トラクター   トレーラー


トラックにないトレーラーの特徴


【自動車重量税】

 実はあまり知られていないことなのですが、一部のトレーラーは
自動車重量税がないので、これを払う必要がありません。
具体的には

セミトレーラー
バンセミトレーラー
ダンプセミトレーラー
コンテナセミトレーラー
ドリー付トレーラー

(※けん引自動車が非課税の場合はこの限りではない)

が挙げられます。
 フルトレーラーは課税対象となるのですが、課税・非課税のポイントは
重量のかかり方で、セミトレーラーなどはけん引自動車側の第5輪荷重に
全て重量がかかるものとみなされているので、けん引自動車が重量税を
支払っているという扱いになっています。
 一方、フルトレーラーは全て自重となり第5輪荷重はないので
取り扱いからは除外される、というわけです。


【ナンバープレート】

 これもあまり知られていないことですが、全てのトレーラーは
道路運送車両法で自動車と規定されているのでトラクター側とトレーラー側で
は別々にナンバープレートを取得しなければなりません。
 ちなみにナンバープレートを付けずに走っていた場合は減点8点で
即免停、トラクターと同じナンバープレートを自作して走っていた場合は
さらに公文書偽造罪に問われる
可能性があるので注意が必要です。


ちなみに…


【ロードトレイン】

 日本ではフルトレーラーでもその大きさには驚かされますが
世界にはまだまだ大きなトレーラーというものも存在します。

 一番有名なものはオーストラリアのロードトレインという
トレーラーで、その名の通り電車と同じくらいの長さがあり
長いものになると100mを超えるものもあるとか…。

 鉄道網の発達していない内陸の地域に大量の物資を輸送するための
手段として多く用いられるようなので、旅行に出かけた際には
探してみるといいかも?

●ロードトレインの走行風景

おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.