よく読まれている記事

トラックやダンプのナンバー別・日常点検表

トラック・ダンプの点検表テンプレを作りたい


トラックの点検

 トラックに限らず、自動車のドライバーには法律で日常点検業務
というものが決められていてきちんと管理や点検を行わなければならない
わけですが、特に業務でトラックを使う場合はチェック項目に漏れがあると
大きな問題に発展しがちで点検表のテンプレを購入してるという業者さんも
中にはいるんじゃないでしょうか?
 ということで日常点検項目で確認が必要な事項について
緑と白のナンバー別に調べてみました。





道路運送車両法


【日常点検とは】

 トラックや自家用自動車であってもドライバーには車両の適正な管理が
義務づけられていて、車の安全は所有者の責任において確保しなければ
ならない、と定められています。
 平成7年に行われた道路運送車両法の改正によって自家用乗用車の場合は
項目が簡素化されましたが、トラックは毎日1日1回の点検が定められて
います。


【日常点検を怠った場合】

 日常点検を怠っていて、それを警察などに指摘された場合は罰金や
懲役などは発生しないようなのですが警察には日常点検が行われていない
トラックに対して改善命令を出したり車両の運行停止命令などを下す
ことができる権限が与えられているので、もし荷主の荷物を運んでいる
途中に運行停止命令などが与えられてしまうと重大な違約金を支払ったり
することになる可能性があります。

 また、日常点検を行なっていないことで事故などを起こしてしまった
場合は法的に重い責任が課せられたり、乗っているトラック車種にもし
リコールなどが発生した場合も整備不良を理由に修理を断れたという
ケースも実際にあるようです。

●日常点検をしていないトラックの例
日常点検をしていないトラック


白ナンバーの日常点検


【日常点検表】

 白ナンバーの自動車の日常点検は点検対象となる自動車の走行距離や
運行時の状態などから判断した適切な時期に行うことで足りる、と
されていて毎日点検を行う必要がないという点があります。

白ナンバーの日常点検項目

●ブレーキ
1. ブレーキ・ペダルの踏みしろが適当で、ブレーキのききが十分であること。
2. ブレーキの液量が適当であること。
3. 駐車ブレーキ・レバーの引きしろが適当であること。

●タイヤ
1. タイヤの空気圧が適当であること。
2. 亀裂及び損傷がないこと。
3. 異状な摩耗がないこと。
4. 溝の深さが十分であること。

●バッテリ
1. 液量が適当であること。

●エンジン
1. 冷却水の量が適当であること。
2. エンジン・オイルの量が適当であること。
3. 原動機のかかり具合が不良でなく、かつ、異音がないこと。
4. 低速及び加速の状態が適当であること。

●灯火装置及び方向指示器
1. 点灯又は点滅具合が不良でなく、かつ、汚れ及び損傷がないこと。

●ウインド・ウォッシャおよびワイパー
1. ウインド・ウォッシャの液量が適当であり、かつ、噴射状態が不良でないこと。
2. ワイパーの払拭状態が不良でないこと。

●運行において異状が認められた箇所
当該箇所に異状がないこと。


緑ナンバーの日常点検


【日常点検表】

 緑ナンバーの自動車の日常点検は毎日1日1回行うことが必須で
事業用であるので点検項目や基準も白ナンバーに比べて厳しい
ものが設定されているのが特徴です。

緑ナンバーの日常点検項目

●ブレーキ
1. ブレーキ・ペダルの踏みしろが適当で、ブレーキの効きが十分であること。
2. ブレーキの液量が適当であること。
3. 空気圧力の上がり具合が不良でないこと。
4. ブレーキ・ぺダルを踏み込んで放した場合にブレーキ・バルブからの排気音が正常であること。
5. 駐車ブレーキ・レバーの引きしろが適当であること。

●タイヤ
1. タイヤの空気圧が適当であること。
2. 亀裂及び損傷がないこと。
3. 異状な摩耗がないこと。
4. 溝の深さが十分であること。(*1)
5. ディスク・ホイールの取付状態が不良でないこと。(*2)

●バッテリ
1. 液量が適当であること。

●エンジン
1. 冷却水の量が適当であること。(*1)
2. エンジン・オイルの量が適当であること。(*1)
3. 原動機のかかり具合が不良でなく、かつ、異音がないこと。(*1)
4. 低速及び加速の状態が適当であること。(*1)
5. ディスク・ホイールの取付状態が不良でないこと。(*1)

●灯火装置及び方向指示器
1. 点灯又は点滅具合が不良でなく、かつ、汚れ及び損傷がないこと。

●ウインド・ウォッシャおよびワイパー
1. ウインド・ウォッシャの液量が適当であり、かつ、噴射状態が不良でないこと。(*1)
2. ワイパーの払拭状態が不良でないこと。(*1)

●エア・タンク
1. エア・タンクに凝水がないこと。

●運行において異状が認められた箇所
当該箇所に異状がないこと。

(*1) : 当該自動車の走行距離、運行時の状態等から判断した適切な時期に行うことで足りる。
(*2) : 車両総重量8トン以上又は乗車定員30人以上の自動車に限る。


補足・注意点


【自家用貨物自動車】

 上記で白ナンバーの車は緑ナンバーの車に比べて日常点検の項目が簡素化
されているという説明をしましたが、実はこのルールには例外もあって
白ナンバーであっても貨物自動車は緑ナンバーと同じ日常点検が必要となる
という点です。
 つまり、例え自家用であっても白ナンバーのトラックは平ボディもダンプも
事業用の緑ナンバーの車と同じ日常点検をしなくてはならないということ
なんです。
 紛らわしい説明になってしまって申し訳ないのですがドライバーの皆様は
事故などを起こさぬよう十分に注意をしてください。

●政府の法令データ提供システムより参照
自家用貨物自動車

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)