よく読まれている記事

トラックの駆動輪・軸・方式について

トラックの駆動方式(軸・輪)って?


駆動方式

 トラックと一口に言っても駆動軸や駆動輪の設定は車種によって
様々で、自分の業務に合った駆動のものというのはなかなかわかりづらい
ことがありますよね。
 そんなトラック(というか自動車の)駆動方式や駆動輪・駆動軸といった
ものについて説明していきたいと思います。






車の駆動方式


【車の駆動方式は】

 基本的には、自動車の駆動方式は前輪駆動か後輪駆動かに分けられ
前輪駆動の場合はFF式が、後輪駆動の場合はさらにFR式・MR式・RR式の
3つに細分化することができます。


【前輪駆動(FF式)】

前輪駆動(FF式)  前輪駆動は前後の車輪のうち前方の車輪を駆動する方式で
フロントエンジン・フロントドライブ方式を略してFF方式とも呼ばれます。
 前輪駆動は世界初の自動車・キュニョーの砲車以来、自動車の歴史の中で
最も古い方式です。

●メリット
・悪天候下でも直進時の走行安定性が高い
・車体長の短縮と車室の拡大が簡単
・駆動力の伝達距離が短いのでエコカー等に採用

●デメリット
・旋回時に不安定になる
・運動性・操縦安定性が劣るので高出力・大車重に向かない
・低級振動が出やすいため高級車に採用しにくい


【後輪駆動(FR式)】

後輪駆動(FR式)  フロントエンジン・リアドライブ方式(略してFR)とは、車体前部
(基本的にキャビンより前方、キャブオーバー車ではフロントシート下
など)にエンジンを配置してプロペラシャフトを介して後輪を回転
させる方式です。
 FFにするメリットがないのでトラックは基本的にFR駆動です。

●メリット
・より大型で高出力のエンジンを積むことができる
・発進・加速時のエネルギーのロスが少ない
・最小回転半径が他の方式に比べて小さい

●デメリット
・部品点数が多くなるためコスト高になる
・有効スペースが少なくなり居住性が悪い
・悪天候下や荒れた路面では走行安定性が低下する
・空転しやすく積雪地や寒冷地でスタックしやすい


【後輪駆動(MR式)】

後輪駆動(MR式)  ミッドシップエンジン・リアドライブ方式は車体後部のうち後輪車軸より
前方の車体中央近くにエンジンを配置して後輪を駆動させる方式です。
 車体中央近くにエンジンを配置する方式は他にFFミッドシップが
ありますが、これは前輪駆動です。
 エンジンを車軸間に配置することで重量バランスが安定して回頭性が
上がるのでF1などのフォーミュラカーで主流な方式です。


【後輪駆動(RR式)】

後輪駆動(RR式)  RRは単にリアエンジンとも呼ばれる、車体後部(後輪車軸より後方)に
エンジンを配置して後輪を駆動させる方式です。
 発進時のトラクションに非常に優れていてブレーキ時にも4輪に荷重が
バランス良くかかるので、とても安定した性能を発揮する一方で
高速走行時の安定性が悪いので現在ではポルシェなど一部でしか採用
されていない。
 また、背の高い構造物であるエンジンを後方に設置することから
運転席を高く上げずとも床面積を稼げる方式なのでバスでは主流の
方式
となっています。


車軸・駆動軸


【車軸】

 トラックの駆動方式は主にFR方式が用いられるということが
わかりましたが、では実際にどのような駆動軸が設定されている
のでしょうか?

車軸


【駆動軸】

 トラックの車軸の構造は全輪数×駆動輪数で表現されています。
例えば6×4は(全輪数:6)×(駆動輪数:4)で合計3軸あって、そのうち
リアが2軸でこれらが駆動輪になるので下の画像のようなタイプの
トラックとなることがわかります。

6×4

 ちなみに乗用車や小型トラックには2軸車(4×2、4×4)が多いですが
大型トラックは駆動軸が少ない分軽量化できて増トンが可能かつ燃料の
消費量も少ないといった理由から後2軸のうち前軸のみが駆動する
6×2方式が中心となっています。
 具体的には25tトラックでは、6×2方式は6×4に比べて積載量が
0.4~0.5t増加できて燃費は3~5%低減される
という調査結果もあるようです。


トラックの車軸の構造一覧


【4×2(前1軸・後1軸/1軸駆動)】

 一般的な後輪駆動で小回り性に優れています。
GVW16t・積載量8tクラスまでの小型・中型トラックの
標準的な駆動方式です。

4×2(前1軸・後1軸/1軸駆動)


【4×4(前1軸・後1軸/2軸駆動)】

 全輪が駆動する4輪駆動で、降雪地帯などで使用する
小型や中型トラックや大型除雪車に使用されます。

4×4(前1軸・後1軸/2軸駆動)


【6×2(前1軸・後2軸/1軸駆動)】

 通称ワンデフ車と呼ばれるもので、軽量で積載性と燃費に
優れていて、GVW20~25t・積載量11~15tの
大型トラックに最も多く採用されている標準的な駆動方式です。

6×2(前1軸・後2軸/1軸駆動)


【6×2(前2軸・後1軸/1軸駆動)】

 優れた直進安定性によって長距離・高速輸送に適しています。
GVW20~23t・積載量11~13tの大型トラック(カーゴ系や
タンクローリーなど)に多い傾向があります。

6×2(前1軸・後2軸/1軸駆動)


【6×4(前1軸・後2軸/2軸駆動)】

 通称ツーデフ車と呼ばれるもので、強いグリップを必要とする
不整地や雪道での走行に適しています。
 GVW20~25t・積載量11~15tクラスの大型トラック(カーゴ系や
ダンプやミキサなど)に多い傾向があります。

6×4(前1軸・後2軸/2軸駆動)


【6×6(前1軸・後2軸/6軸駆動)】

 6輪全輪が駆動するもので、過酷な走行条件でも力強い走りを
発揮することができます。
 主に除雪車として使用されています。

6×6(前1軸・後2軸/6軸駆動)


【8×4(前2軸・後2軸/2軸駆動)】

 偏平タイヤを使用することで車高を低くして荷台容積を確保
しています。
 軽量かさ物を運ぶGVW20~25t・積載量11~15tクラスの
大型トラック(カーゴ系のバン、ウイング)に多いです。

8×4(前2軸・後2軸/2軸駆動)

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)