トラックの内部構造(シャシ・ボディ)について

トラック内部の構造はどうなっているの?


トラック

 現在の日本の物流を支えているといっても過言ではないトラック
ですが、そのトラックの中身がどうなっていて動いているのかというのは
案外知らない方も多いんじゃないでしょうか?
 その分知りたいという方もあまり多くないかも知れませんが
 今回はそんなトラックのシャシやボディなど中身のことについて詳しく
説明していきたいと思います。



トラックの構造


【トラックの中身】

 トラックというものは、内部の構造を大きく分けると実はシャシと
ボディーという2つの部分
に分けることができます。
 シャシとは、トラックの骨格に相当するフレームのことでそこに
心臓に相当するエンジンや燃料タンクなど諸々の装置が搭載されて
成立しています。

 ちなみにこのシャシの状態でも走りだすことが可能で、公道での
法規制が日本よりも緩い欧米などではこんなトラックも稀に見ることが
できるようです。

●シャシ状態での走行(※再掲。日本では違法です)


シャシ


【トラックのシャシ】

 トラックのフレームは、キャブやエンジンやバッテリーや燃料タンクなど
が搭載される重要な骨組みで、フレームはシャシ完成後にボディメーカーが
さまざまな架装を施せるようにシンプルなH型のフレーム構造が採用
されています。
 荷台長を長くすると必然的にフレームも長くなります。

シャシとフレーム


【シャシの構成】

 では、そんなトラックのシャシは、どのような構成で成り立っているのか
部分的な説明をしていきたいと思います。

●キャブ
トラックの運転室です

●ハンドル
車の進行方向を変えるかじ取り装置です

●エンジン
トラックの心臓に当たる部分で、後ろにはクラッチと
トランスミッションが搭載されています。

●クラッチ
マニュアル車でエンジンの動力が最初に伝わるのがこの
クラッチで、クラッチペダルを操作することでエンジンの
動力を切ったりつないだりします。

●トランスミッション
エンジンの回転数や回転力を調整する機能です。

●フレーム
上から見ると、ちょうどはしご型になっている金属製の
フレームでここにボディと呼ばれる荷台を載せます

●サスペンション
トラックが路面から受ける振動を吸収します

 と、少し挙げただけでもトラックが動き始めるために必要な様々な
装置や機能が搭載されているのがわかると思います。
 トラックというと後ろに背負っている荷台の部分が目立ちがちですが
実は本体はこちらの方であって後ろの部分はアタッチメントみたいな
ものだと考えて良いと思います。


ボディ


【トラックのボディ】

 トラックのボディは、平ボディやドライバンをはじめとしたポピュラーな
ボディからあらゆる種類のものでも運べるように専門的に特化された
ボディまで、その種類は実に何千種類もあるとも言われています。
 そのあたりのことは特装車のことついて書いた時に列挙したので
気になる方はそちらをご覧になってみて下さい。

 ちなみに中でもかなりの割合を占めていると思われる平ボディと
バンについて説明しておきます。

平ボディ
●平ボディ
さまざまな荷物を運搬することが出来る、いわゆる万能タイプのボディで
ボディの中でも古くからあるタイプで現在でも一番メジャーな存在です。
平ボディというと人力やフォークリフト等で積荷などを行うイメージが
ありますが、最近のものはクレーンつき平ボディやテールゲートリフター
つき平ボディなんていうものもあります。

(※クレーンつき平ボディ)
平ボディ

ドライバン ●バン 平ボディが荷台が野ざらし状態になっているのに対して、バン型は荷室が 密閉されていて、積荷を風雨から保護したり盗難や紛失を防げるという メリットがあります。 最近のバンはそれだけにとどまらず、冷凍や冷蔵といった温度管理機能が 搭載されていたり表面に文字や写真などが描かれていて運輸ではなく広告 として機能していたりと技術の進歩に合わせてこちらも様々な種類のものが 出回っています。 (※広告用のバンボディ) バンボディ


まとめ


【注意点】

コンボイ  今回はトラックを構成するシャシとボディというパーツについて
説明させて頂きましたがいかがだったでしょうか。
 実は以前書いたものと内容がかなり重複してた部分もあったので
気になる方はぜひこちらの記事もご覧になってみて下さい。

●トラックの特装車
●冷蔵車・冷凍車の仕組み

おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.