重機・建機ごとの免許資格の種類一覧

重機・建機ごとの資格まとめ一覧


重機の一例?

 重機や建機というのはトラックなどと違って専門作業のためだけに
作られていてその作業を行う時にはとても便利なわけですが
その分、扱うためには必ずといっていいほどそれ専用の免許が必要に
なってきますよね。
 ということで重機や建機の免許というものはどんなものがあるのか
資格を車種ごとに一覧にまとめてみました。



建設機械の免許・資格の特徴


【免許・資格の概要】

ピーポくん  建設機械はその操作・運転に危険を伴うので、大体の場合は法律によって
就業制限の規定が設けられていたり専門の資格を必要とする場合が多いです。
 なので事業主も免許や資格を持っていない人に操作・運転をさせるのは違法で
オペレーターも資格が無いのに運転してはいけません。


【免許・資格の携帯】

 ちなみに、資格を持たないのに重機や建機の操作や運転をした場合は
事業主に6ヶ月以下の懲役もしくは50万円以下の罰金、作業者に50万円以下の
罰金
が課せられます。
 また、実際の作業現場で免許や資格を携帯していなかったりした場合も
同様に罰せられる上に事故時の労災も降りないようです。


免許・資格の区分


【技能講習と特別教育】

 重機や建機を運転するための資格は、同じ車種を運転する場合でも
2つの種類のものがあるので、違いを理解して間違えないように気を
つける必要があります。

●運転技能講習
労働局認可の登録講習機関が行うもので教育項目や各教育時間等
定めがあり、より高度で重い重量の重機・建機であっても作業を
することができます。

●運転特別教育
主に事業主が行うことが多く、教育項目や各教育時間等の定めも
ありますが特別教育の方が時間が短くなってます。
大体の場合で"1t未満のものに限る"などの制限が付けられている
ことが多く運転技能講習の下位にあたる資格

この2つはどちらを取得するかによって運転が可能な重機・建機の内容
というものが大きく異なるのでいずれについても説明していきたいと思います。


免許・資格の一覧


【フォークリフト運転者】

運転・操作が可能な機械

●フォークリフト
●ストラドルキャリア
●コンテナキャリア
●トップリフター
●クランプリフト

●技能講習
最大荷重1t以上を含め全てのフォークリフトやストラドルキャリア
コンテナキャリア、トップリフター、クランプリフトを操作できる。

●特別教育
最大荷重1t未満のフォークリフトやストラドルキャリア、コンテナキャリア
トップリフター、クランプリフトを操作できる。


【ショベルローダー等運転者】

運転・操作が可能な機械

●ショベルローダー
●フォークローダー

●技能講習
最大荷重1t未満のショベルローダー、フォークローダーを運転できる。

●特別教育
最大荷重1t以上を含め全てのショベルローダー、フォークローダーを運転できる。


【車両系建設機械運転者】

運転・操作が可能な機械

●全ての車両系建設機械

●車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)の技能講習
機体重量3t以上のブルドーザー、トラクターショベル、ドラグショベル
ミニショベル、油圧ショベル、大型油圧ショベル、ホイールローダー
ずり積機、スクレーパー、スクレープ・ドーザー、ドラグライン
クラムシェル、トレンチャー、バケット掘削機などを操作できる。

●小型車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)の特別教育 
機体重量3t未満のブルドーザー、トラクターショベル、ドラグショベル
ミニショベル、ホイールローダーなどを運転できる。


●車両系建設機械(解体用)の技能講習 機体重量3t以上のブレーカー(アタッチメント機械)などを操作できる。 ●小型車両系建設機械(解体用)の特別教育 機体重量3t未満のブレーカー(アタッチメント機械)などを操作できる。
●車両系建設機械(基礎工事用)の技能講習 機体重量3t以上のくい打機、くい抜機、アース・ドリル、アース・オーガー リバース・サーキュレーションドリル、ペーパー・ドレーン・マシン せん孔機(チュービングマシンを有するものに限る)などを操作できる。 ●小型車両系建設機械(基礎工事用)の特別教育 機体重量3t未満のくい打機、くい抜機などを操作できる。
●車両系建設機械(基礎工事用)の特別教育 車両系建設機械の基礎工事用の作業装置などを操作できる。 ●車両系建設機械(コンクリート打設用)の特別教育 コンクリートポンプ車の作業装置などを操作できる。


【不整地運搬車運転者】

運転・操作が可能な機械

●不整地運搬車

●技能講習
最大積載量1t未満の不整地運搬車を運転できる。

●特別教育
最大積載量1t以上を含め全ての不整地運搬車を運転できる。


【高所作業車運転者】

運転・操作が可能な機械

●高所作業車

●技能講習
作業床の高さ10m以上全ての高所作業車を運転できる。

●特別教育
作業床の高さ2m以上10m未満の高所作業車を運転できる。


【移動式クレーン運転士】

運転・操作が可能な機械

●トラッククレーン
●トラッククレーン
●積載形トラッククレーン
●レッカー型トラッククレーン
●オールテレーンクレーン
●ホイールクレーン
●ホイールクレーン
●ラフテレーンクレーン
●クローラクレーン
●鉄道クレーン
●クレーン機能を備えた車両系建設機械
●浮きクレーン

●移動式クレーン運転士免許
吊上荷重5t以上を含め全ての移動式クレーンを運転・操作することができる。

●小型移動式クレーン運転技能講習
吊上荷重1t以上5t未満の移動式クレーンを運転・操作することができる。

●移動式クレーンの運転の業務に係る特別教育
吊上荷重0.5t以上1t未満の移動式クレーンを運転・操作することができる。


【クレーン・デリック運転士】

運転・操作が可能な機械

●クレーン
●デリック

●クレーン・デリック運転士免許
つり上げ荷重5t以上を含め全てのクレーンとデリックを運転・操作することができる。

●クレーン・デリック運転士免許(クレーン限定)
つり上げ荷重5t以上を含め全てのクレーンを運転・操作することができる。

●クレーン・デリック運転士免許(床上運転式クレーン限定)
つり上げ荷重5t以上の床上運転式クレーンを運転・操作することができる。
5t未満のクレーンも運転・操作できる。


●床上操作式クレーン運転技能講習 つり上げ荷重5t以上の床上操作式クレーン(運転者が荷と共に前後左右に移動する 方式のものに限る)を運転・操作することができる。 5t未満のクレーンも運転・操作できる。 ●クレーンの運転の業務に係る特別教育 つり上げ荷重0.5t以上5t未満のクレーン及びつり上げ荷重5t以上を含む すべての跨線テルハを運転・操作することができる。 ●デリックの運転の業務に係る特別教育 つり上げ荷重0.5t以上5t未満のデリックを運転・操作することができる。


【玉掛作業者】

運転・操作が可能な機械

●全てのクレーン
●デリック
●移動式クレーン
●揚貨装置の玉掛け作業

●技能講習
吊上荷重1t以上を含めた全てのクレーン・デリック・移動式クレーン
揚貨装置の玉掛け作業ができる。

●特別教育
吊上荷重1t未満のクレーン・デリック・移動式クレーン・揚貨装置の
玉掛け作業ができる。


【揚貨装置運転士】

運転・操作が可能な機械

●全ての揚貨装置

●揚貨装置運転士免許
制限荷重5t以上を含め全ての揚貨装置を運転・操作することができる。

●揚貨装置の運転の業務に係る特別教育
●制限荷重5t未満の揚貨装置を運転・操作することができる。 


【締固め用機械運転者】

運転・操作が可能な機械

●ロードローラー
●道路舗装用の小型機
●タイヤローラー
●振動ローラー
●ハンドガイドローラー
●その他締固めを行う機械全て

●特別教育
重量制限はないため、乗車式のものから小さな道路舗装用の小型機、タイヤローラー
振動ローラー、ハンドガイドローラー等のロードローラー全てを操作できる。


【巻上げ機運転者】

運転・操作が可能な機械

●動力駆動の巻上げ機(巻上げ機でゴンドラに係るものを除く)

●特別教育
電気ホイスト・エアーホイスト・及びこれら以外の巻上げ機でゴンドラに
係る動力駆動の巻上げ機以外の動力駆動の巻上げ機が操作できる。


【ボーリングマシン運転者】

運転・操作が可能な機械

●ボーリングマシン

●特別教育
ボーリングマシンが運転できる。


【非自走式基礎工事用建設機械運転者】

運転・操作が可能な機械

●非自走式の基礎工事用建設機械

●特別教育
基礎工事用建設機械で動力を用い、かつ、不特定の場所に自走できるもの
以外のものが運転できる。


【ゴンドラ操作者】

運転・操作が可能な機械

●ゴンドラ

●特別教育
建設用、清掃・メンテナンス用等のゴンドラを操作できる。


【建設用リフト運転士】

運転・操作が可能な機械

●建設用リフト

●特別教育
積載荷重0.25t以上でガイドレールの高さが10m以上の建設用リフトを運転できる。


【ジャッキ式つり上げ機械運転者】

運転・操作が可能な機械

●ジャッキ式つり上げ機械

●特別教育
ジャッキ式つり上げ機械の調整または運転ができる。


【軌道装置動力車運転者】

運転・操作が可能な機械

●電気ホイスト、エアーホイスト及びこれら以外の巻上げ機でゴンドラに係るもの

●特別教育
動力車及び動力により駆動される巻上げ装置で、軌条により人または荷を
運搬する用に供されるもの(鉄道営業法、鉄道事業法又は軌道法の適用を
受けるものを除く)の運転ができる。


【研削といし取替試運転作業者】

運転・操作が可能な機械

●携帯用グラインダー
●床上グラインダー
●両頭グラインダー
●スインググラインダー
●ワゴングラインダー
●切断機
●木工機械等に研削といしを取付けて使用するもの

●特別教育
研削といしの取替えまたは取替え時の試運転の業務ができる。


【チェーンソー作業者】

運転・操作が可能な機械

●チェーンソー

●特別教育
立木の伐木作業者以外の業務ができる。

おすすめ記事
関連記事


Comment

間違い多い
  • 2017/03/17 00:46
  • -
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.