よく読まれている記事

クレーン・デリック運転士の資格や免許を取得するには

移動式クレーン運転士免許や関連資格の取得方法


クレーン

 今回は移動式クレーンとはまた異なるクレーン・デリック運転士の
免許や資格の取得について説明していきたいと思います。
 前者の資格と同じように免許と資格(技能講習・特別教育)では
操作可能なクレーンが異なるので
間違えないように気をつけましょう。







運転に必要な免許・資格


【免許・資格区分の概要】

 クレーン・デリック運転士はクレーン等安全規則に定めるクレーン
(移動式クレーンを除く)もしくはデリックを運転・操作する上で必要な
免許・資格で扱うものによってこの中のいずれかが必要になります。
 クレーン・デリック運転士の免許と資格の詳しい区分は

吊上荷重5t以上の場合

・作業や操作に必要な免許や資格
クレーン・デリック運転士
床上操作式クレーン運転技能講習(運転者が荷と共に前後左右に移動する方式のものに限る)

・対象となる重機や建機
クレーン、デリック

吊上荷重0.5t以上5t未満の場合 ・作業に必要な免許や資格 クレーンの運転の業務に係る特別教育(クレーンに限る) デリックの運転の業務に係る特別教育(デリックに限る) ・対象となる重機や建機 クレーン、デリック、跨線テルハ(クレーンの運転の業務に係る特別教育のみ)
吊上荷重0.5t未満の場合 ・作業に必要な免許や資格 なし (※運転・操作に上記資格は不要ですが労働者の 安全衛生上取得しておくのが望ましいです) ・対象となる重機や建機 クレーン、デリック、跨線テルハ

このように定められています。
 このクレーン・デリック運転士を取得するのにかかる時間や費用など
どうなっているかというと次のようになります。

●跨線テルハの画像
跨線テルハ


受験・受講資格


【クレーン・デリック運転士】

クレーン・デリック運転士免許

クレーン限定も床上運転式クレーン限定も
すべて受験制限なし(ただし交付は満18歳以上)
床上操作式クレーン運転技能講習

受験制限なし(ただし交付は満18歳以上)
クレーン・デリックの運転の業務に係る特別教育

受験制限なし(ただし交付は満18歳以上)


講習の内容


【クレーン・デリック運転士(免許)】

 免許試験は全国の安全衛生技術センターにおいて行われるもので実技教習は
都道府県労働局長登録教習機関において行われます。
 免許試験はクレーン・デリック運転士免許試験および移動式クレーン運転士
免許試験規程に基づいていて、クレーン運転実技教習は揚貨装置運転実技教習
クレーン運転実技教習および移動式クレーン運転実技教習規程に基づいています。

 試験のうち、学科は安全衛生技術センターで受験する必要がありますが
実技については同センターで実技試験を受けるコースのほかに登録教習機関で
"移動式クレーン運転実技教習"を修了するという選択肢も認められています。
 学科試験・実技試験ともセンターで受験する場合は学科・実技の順に合格する
必要がありますが実技教習を登録教習機関で受ける場合は学科試験の前に
あらかじめ実技教習を修了しておくことも可能です。

●免許試験学科
1. クレーン及びデリックに関する知識
2. 原動機及び電気に関する知識
3. クレーンの運転のために必要な力学に関する知識
4. 関係法令

●免許試験実技
1. クレーンの運転
2. クレーンの運転のための合図

●教習実技
1. クレーンの基本運転(4時間)
2. クレーンの応用運転(4時間)
3. クレーンの合図の基本作業(1時間)
4. 修了試験


【クレーン運転士(技能講習)】

 技能講習は都道府県労働局長登録教習機関にて行われますが
講習科目や時間数はクレーン等運転関係技能講習規程に基づいていて
基本的に20時間の学科講習と実技講習を必要とします。
 また、修了済みの特別教育の実務経験の有無などによって免除が
あるので人それぞれ免許の取得に必要な時間は異なります。

●講習学科
1. 床上操作式クレーンに関する知識(6時間)
2. 床上操作式クレーン運転技能講習に係る原動機及び電気に関する知識(3時間)
3. 床上操作式クレーンの運転のために必要な力学に関する知識(3時間)
4. 関係法令(1時間)
5. 修了試験

●講習実技
1. 床上操作式クレーンの運転(6時間)
2. 床上操作式クレーンの運転のための合図(1時間)
3. 修了試験


【クレーンの運転の業務に係る特別教育】

 特別教育は各事業所(企業等)や都道府県労働局長登録教習機関などで
行われていて、安全衛生特別教育規程で規定された履修時間は13時間(以上)
とされています。

●教育学科
1. クレーンに関する知識(3時間)
2. 原動機及び電気に関する知識(3時間)
3. クレーンの運転のために必要な力学に関する知識(2時間)
4. 関係法令 (1時間)

●教育実技
1. クレーンの運転(3時間)
2. クレーンの運転のための合図(1時間)


【デリックの運転の業務に係る特別教育】

 特別教育は各事業所(企業等)や都道府県労働局長登録教習機関などで
行われていて、安全衛生特別教育規程で規定された履修時間は13時間(以上)
とされています。

●教育学科
1. デリックに関する知識(3時間)
2. 原動機及び電気に関する知識(3時間)
3. デリックの運転のために必要な力学に関する知識(2時間)
4. 関係法令(1時間)

●教育実技
1. デリックの運転(3時間)
2. デリックの運転のための合図(1時間)


免許の取得にかかる費用


クレーン・デリック運転士 ※免許の取得にかかる費用はおおよそのものです。

【クレーン・デリック運転士】

免許

9万~11万円(指定自動車教習所費用)
5千円~1万円(試験手数料など)
技能講習

2~4万円(講習費用)
特別教育

1万5千円/2日(試験手数料など)

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)