よく読まれている記事

(技能講習・特別教育)玉掛作業者の資格取得

玉掛作業者の資格を取得するには


玉掛作業者

 今回はクレーンなどに物を掛け外しする作業を行うときに必要な
玉掛けの資格について説明していきたいと思います。
 ちなみにワイヤーなどを掛ける場合はもちろん外す場合も玉掛け作業に
含まれるので、いずれの作業を行うにも資格が必要となるので気をつけて
ください。






操作に必要な免許・資格


【免許・資格区分の概要】

 玉掛作業者の資格の詳しい区分は

吊上荷重1t以上の場合

・作業や操作に必要な免許や資格
玉掛け技能講習

・対象となる重機や建機
クレーン、デリック、移動式クレーン、揚貨装置

吊上荷重1t未満の場合 ・作業に必要な免許や資格 玉掛け特別教育 ・対象となる重機や建機 クレーン、デリック、移動式クレーン、揚貨装置

このように定められています。
 
玉掛け作業の資格の区分は荷の重さで区分されているわけではなく
吊り上げるクレーンなどの能力によって区分されます。
 具体的には、荷物が100kgでもクレーンが2.8tだった場合は
玉掛け特別教育ではなく玉掛け技能講習が必要になります。
 この玉掛作業者を取得するのにかかる時間や費用などは
どうなっているかというと次のようになります。

●玉掛け作業の様子
玉掛け作業 玉掛け作業


受験・受講資格


【玉掛作業者】

玉掛け技能講習

制限なし(ただし就業は満18歳以上)
玉掛け特別教育

制限なし(ただし就業は満18歳以上)


講習の内容


【玉掛作業者(技能講習)】

 技能講習は都道府県労働局長登録教習機関にて行われますが
講習科目や時間数は玉掛け技能講習規程に基づいていて
基本的に19時間の学科講習と実技講習を必要とします。
 また、修了済みの特別教育の実務経験の有無などによって免除が
あるので人それぞれ免許の取得に必要な時間は異なります。

●講習学科
1. クレーン等に関する知識(1時間)
2. クレーン等の玉掛けに必要な力学に関する知識(3時間)
3. クレーン等の玉掛の方法(7時間)
4. 関係法令(1時間)
5. 修了試験

●講習実技
1. クレーン等の玉掛(6時間)
2. クレーン等の運転のための合図(1時間)
3. 修了試験


【玉掛作業者(特別教育)】

 特別教育は各事業所(企業等)や都道府県労働局長登録教習機関などで
行われていて、安全衛生特別教育規程で規定された履修時間は9時間(以上)
とされています。

●教育学科
1. クレーン等に関する知識(1時間)
2. クレーン等の玉掛けに必要な力学に関する知識(1時間)
3. クレーン等の玉掛の方法(2時間)
4. 関係法令(1時間)

●教育実技
1. クレーン等の玉掛(3時間)
2. クレーン等の運転のための合図(1時間)


免許の取得にかかる費用


玉掛作業者 ※免許の取得にかかる費用はおおよそのものです。

【玉掛作業者】

技能講習

2~3万円/3日(講習費用)
特別教育

1万5千円/2日(講習費用)

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)