よく読まれている記事

揚貨装置運転士の免許・特別教育を取得

揚貨装置運転士の免許・特別教育を取得


揚貨装置運転士

 今回は揚貨装置運転士の免許や資格の方法についてですが
気を付けなければならないのは船舶に取り付けられたデリックや
クレーン設備のことが揚貨装置であって、港湾側に設置・配置された
ものや浮きクレーンなどはまた別の免許や資格が必要になるので
間違えないように気をつけましょう。






操作に必要な免許・資格


【免許・資格区分の概要】

 揚貨装置運転士の資格の詳しい区分は

制限荷重5t以上の場合

・作業や操作に必要な免許や資格
揚貨装置運転士免許

・対象となる重機や建機
デリック、クレーンなどの揚貨装置
(※船舶に取り付けられたものに限る)

制限荷重5t未満の場合 ・作業に必要な免許や資格 揚貨装置の運転の業務に係る特別教育 ・対象となる重機や建機 デリック、クレーンなどの揚貨装置 (※船舶に取り付けられたものに限る)

と、このように定められています。
 
揚貨装置運転士の資格の区分は荷の重さで区分されているわけではなく
吊り上げるクレーンなどの能力によって区分されます。
 揚貨装置というカテゴリーで分けられているこの免許・資格ですが
荷役機械の実際の形式としては独自の揚貨装置といったものが
あるというわけではなく、たまたま船上に設置されたクレーンやデリックの
ことをまとめて揚貨装置と呼んでいるだけに過ぎません。
 わざわざ区分されている理由としては、接地されている機械と違って操作を
間違えると船舶自体が転覆する危険もあるからという点があるようです。

●揚貨装置の例
揚貨装置


受験・受講資格


【揚貨装置運転士】

揚貨装置運転士免許

制限なし
(※ただし交付は満18歳以上)
揚貨装置の運転の業務に係る特別教育

制限なし
(※ただし交付は満18歳以上)


講習の内容


【揚貨装置運転士(免許)】

 免許試験は全国の安全衛生技術センターにおいて行われるもので実技教習は
都道府県労働局長登録教習機関にて行われます。
 免許試験は揚貨装置運転士免許規程に基づいていて、揚貨装置運転実技教習は
揚貨装置運転実技教習、クレーン運転実技教習および移動式クレーン運転
実技教習規程に基づいています。

 試験のうち、学科は安全衛生技術センターで受験する必要がありますが
実技については同センターで実技試験を受けるコースのほかに登録教習機関で
"揚貨装置運転実技教習"を修了するという選択肢も認められています。
 学科試験・実技試験ともセンターで受験する場合は学科・実技の順に合格する
必要がありますが実技教習を登録教習機関で受ける場合は学科試験の前に
あらかじめ実技教習を修了しておくことも可能です。


●学科試験科目
1. 揚貨装置に関する知識
2. 原動機及び電気に関する知識
3. 揚貨装置の運転のために必要な力学に関する知識
4. 関係法令

●実技試験科目
1. 揚貨装置の運転
2. 揚貨装置の運転のための合図

●実技教習
1. 揚貨装置の基本運転(4時間)
2. 揚貨装置の応用運転(4時間)
3. 揚貨装置の合図の基本作業(1時間)
4. 修了試験


【揚貨装置運転士(特別教育)】

 特別教育は各事業所(企業等)や都道府県労働局長登録教習機関などで
行われていて、安全衛生特別教育規程で規定された履修時間は15時間(以上)
とされています。

●教育学科
1. 揚貨装置に関する知識(4時間)
2. 原動機及び電気に関する知識(2時間)
3. 揚貨装置の運転のために必要な力学に関する知識(4時間)
4. 関係法令(1時間)

●教育実技
1. 揚貨装置の運転(3時間)
2. 揚貨装置の運転のための合図(1時間)


免許の取得にかかる費用


揚貨装置運転士の教本テキスト ※免許の取得にかかる費用はおおよそのものです。

【揚貨装置運転士】

免許

9~11万円(教習費用)
5千~1万円/1日(受験手数料など)
特別教育

1万5千円/2~3日(講習費用)

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)