よく読まれている記事

日野自動車製トラックの機能や特徴まとめ

デュトロやレンジャーやプロフィアの機能


日野のトラック

 排出ガス規制の強化やアルコールインターロック・プリクラッシュ
セーフティの義務化などの法改正などに対応するために1台とっても
そのメーカーのいろいろな自社の独自機能などを搭載されている
日本のトラックですが、そんな現在の最新トラックにはどのような
特徴的な独自機能が搭載されているのか?
 今回は日野自動車製のトラックをピックアップしてまとめて
みました。




日野自動車株式会社


【日野はどんな会社なのか?】

日野自動車ロゴ  主にトラック・バスなどの商用車を製造する自動車メーカーで
日野あるいはHINOとして今や世界各国でおなじみのブランドです。
 実はトヨタ自動車の連結子会社で、いわゆるトヨタグループ16社の
うちの1つです。
 日本国内の大型車メーカーでは唯一、自車の中~大型車レンジャーで
ダカール・ラリーにで参戦していて好成績を挙げていることでも有名
ですね。


【ちなみに…】

 ちなみに前身の1913年に創立された東京瓦斯電気工業はいすゞ自動車の
前身と同じ母体で、この時代のものを含めると日野自動車もいすゞ自動車と
同様に日本で始めて民間でトラックを作った企業ということになります。

●日野トラックの変遷
日野初のトラック 日野最新のトラック


日野自動車製トラックの特徴


【良いところ】

 人気・技術ともに国産No.1と言われる性能を誇ります。
エンジン馬力はトップクラスで故障も少なくメンテナンス費用が
低いです。
 グッドデザイン賞も受賞したデュトロやGVW8~20tという幅広い
ラインナップを持つレンジャーや国内の大型販売で34年連続
シェアトップ
のプロフィアなどが代表的です。
 各地にディーラーが多いのも利点として挙げられます。


【悪いところ】

 性能が非常に良い反面、車両自体の価格が高いので
ランニングコストは少ないものの初期投資が膨大になりがち。


日野自動車製トラックの機能あれこれ


【日野ハイブリッドシステム(デュトロ/レンジャー)】

 新開発のハイブリッド専用エンジンが搭載されていて、燃費向上と
排出ガスを低減性能が高められています。

日野ハイブリッドシステム


【Pro Shift V(デュトロ)】

 ハイブリッド専用の新開発AMTで、2ペダルによるイージードライブが
実現されています。
エコとノーマルとパワーの3つの変速パターンの中から最適なモードを
選択可能でAT車限定免許でも運転が可能です。

Pro Shift V


【Pro Shift 6(レンジャー)】

 燃費効率の良いゾーンで自動変速を行ってドライバーごとの燃費の
ばらつきを抑える6速トランスミッションで、アクセルとブレーキの
2ペダルによる簡単操作が実現されています。
 高い回転数を保ちながら自動変速するパワーモード切替スイッチも
装備していて山間部走行などで威力を発揮します。

Pro Shift 6


【Pro Shift 12(プロフィア)】

 クラッチ操作を必要としない自動発進機能なのでイージードライブと
燃費効率の良い低エンジン回転域での走行が両立されています。

Pro Shift 12


【エコラン(デュトロ/レンジャー/プロフィア)】

 アクセル操作に応じて低燃費走行に適した加速度を超えた場合に
エンジンの出力を抑えてドライバーにシフトアップを促します。
 なお、坂道や追い越し時には自動的に解除されます。

エコラン


【スキャニングクルーズ(レンジャー)】

 前を走る車両との車間距離や相対速度を検知してスピードを
自動的にコントロールする機能で、安全性が高まるとともに
無駄な加速の少ない走りが実現できます。

スキャニングクルーズ


【その他の便利な機能】

●尿素フリー(デュトロ/レンジャー)
●AdBlue(プロフィア)
●プリクラッシュセーフティ(プロフィア)
●VSC(プロフィア)

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)