よく読まれている記事

トラックでよく見るダブルキャブとは?

ダブルキャブの説明と各メーカー車種


トリプルキャブトラック

 トラックのキャブというと一般的にはシングルキャブと呼ばれる
2人乗りタイプのものが主流ですが、たまにそのキャブ部分が2つある
5人乗りタイプのものも見かけることがありますよね。
 今回はこのダブルキャブとは一体何なのか、どのようなメリットが
あるのかといったことを説明していきたいと思います。
 ちなみに左の画像は滅多にお目にかかれないトリプルキャブという
種類のトラックです。




ダブルキャブとは


【ダブルキャブの構造】

 トラックでいうところのダブルキャブとは、ダブルキャビン(客室)の
ことを表していて各メーカーによって名称は若干異なりますが
構造としては座席シートが2列(あるいはそれ以上)で5人程度まで乗車が
可能で
ドアも後部含め4ドアタイプになっていたりするもののことを
指します。

●シングルキャブとダブルキャブの違い キャビンの違い


【メリットとデメリット】

 ではこのダブルキャブトラックにはどのようなメリット・デメリット
あるのかというと

●メリット
例えば作業員が5名いて積載物もある場合などで、現場へ行くのに
1台の車両で済ませることができる。
いわば、乗車と積載の両性能を備えたマルチなタイプ。

●デメリット
キャビンが2つある分、荷台部分が狭くなってしまうので積載容量が
シングルキャブよりもどうしても少なくなってしまう。
もともとロングボディのトラックにダブルキャブを搭載させることで
積載容量をある程度確保することも可能。

といった点が挙げられます。
 ダブルキャブでたくさん人が乗れるからと言っても、向き不向きが
あるので用途にあった使い方をする必要があるということですね。


【キャブ車?】

 では、キャブ車と呼ばれるものもその一種なのかというとそれは
違います。
 キャブ車とはキャブレターという電気などの動力源を利用せずに
燃料を霧状にして空気に混合する装置を搭載したトラックのことで
キャブ(客室)の性能とは一切関係のない呼称なので紛らわしいですが
間違えないように気をつけましょう。


各メーカーのダブルキャブトラック


 では、そんなダブルキャブタイプのトラックですが各メーカーからは
どのような車種がラインナップされているのか調べてみました。
 新車でダブルキャブを購入しようかを考えている方はぜひ参考に
してみてください。

【三菱(自動車・ふそう)】

キャンター

大型 : スーパーグレート
中型 : ファイター
小型 : キャンター
軽 : ミニキャブ


【日産自動車】

アトラス

中型 : アトラスH43
小型 : アトラスF24
軽 : クリッパー


【トヨタ】

小型 : ダイナ トヨエース


【いすゞ自動車】

エルフ

大型 : ギガ
中型 : フォワード
小型 : エルフ
軽 : クリッパー


【日野自動車】

デュトロ

大型 : プロフィア
中型 : レンジャー
小型 : デュトロ


ちなみに…


【ダブルキャブの意味】

自動車教習所  ダブルキャブとはどちらかというとトラックの積載量を減らして
その分乗員に充てるということなので、実際のところは小型や軽に
多く見られるもので大型トラックでダブルキャブというのは
実はほとんど存在しないんですよね。(中型でもそうそうないですが)
 では、大型トラックのダブルキャブというのはどこに行けば
見れるのか。

大型トラックで3人以上乗車する必要がある場面というと…

 そう、つまり教習センターのみでもっぱら使われているだけのようで
実際の運輸に携わる場面で見る機会はないようです。
ドライバーの方の中にもスーパーグレートやギガやプロフィアの
ダブルキャブを見ると「そんなものがあったのか」とびっくりされる
人が多いみたいですね。

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)