中型免許を取得してトラックを運転するまで

中型自動車免許(中型免許)を取得する


三かん試験

 中型免許については以前に4tトラックの運転に必要な免許ということで
少しだけ説明をしたことがありますが、今回は中型免許に必要なものや
費用など
も含めて、中型免許を取得するということについて
詳しく説明していこうと思います。
 ちなみに画像は運転免許センターで行われる深視力検査という
もので使われる機械です。



中型免許とは


【道路交通法】

 そもそも自動車の中型免許というものがなぜ新設されたかというと
これは、普通免許取得者による4tトラック運転の度重なる重大事故が
相次いだことが大きな理由と言われています。
 それを受けて道路交通法が改正され自動車の区分というものは新たに

免許種類 普通免許 中型免許 大型免許
受験資格 18歳以上 20歳・経験2年以上 21歳・経験3年以上
車両総重量 5t未満 5t以上11t未満 11t以上
最大積載量 3t未満 3t以上6.5t未満 6.5t以上
乗車定員 10人以下 11人以上29人以下 30人以上

となっています。


【旧普通免許取得者の取り扱い】

8t限定  旧普通免許取得者はこれまで通り4tトラックを運転することができます。
普通免許を更新する際も「中型車 (8t)限定」と書き込まれるだけで不都合は
ありませんが、この8t限定という部分を解除して中型免許と同じ効力を
持たせたい場合には専用に教習や試験が必要になります。


中型自動車免許を取得する


【手順】

 中型自動車免許(中型免許)を取得するには普通免許と同じように
"指定の自動車教習所へ通って卒業検定に合格する方法"と
"運転免許試験場で技能試験を直接受験する(一発試験)方法"の2種類が
あります。

●取得までの流れ
1. 指定自動車教習所に入学(入校)
2. 適性検査(視力・聴力検査など)
3. 技能講習・学科講習
4. 技能終了検定(敷地内での運転試験)
5. 仮免許証交付
6. 技能講習・学科講習
7. 技能卒業試験(路上試験)
8. 運転免許試験場での適性検査(視力検査など)
9. 中型自動車免許証(中型免許証)交付
(※学科試験は免除)


【料金】

※教習所の料金はおおよその目安です。

教習 : 15~20万円
学科試験 : 3650円
学科・技能試験 : 9750円
限定解除(教習あり) : 1550円
限定解除(教習なし) : 3100円


【試験に必要なもの】

教習 必要なもの

●運転免許証
●写真(たて3cm×よこ2.4cm)
●卒業証明書(ある場合のみ)
●仮運転免許証(一発のみ)
●路上練習申告書(一発のみ)

必要な資格
●満20歳以上
●視力が両眼0.8 一眼0.5以上
●深視力 誤差2cm以内


注意点


【旧普通免許取得者の注意点】

 旧普通免許の8t限定を解除する場合は中型免許として扱われることに
なり、次回から深視力検査も必要になります。
 もし適性検査に不合格となってしまった場合は8t限定免許に戻らず
普通免許まで格下げとなってしまうので注意が必要です。

おすすめ記事
関連記事


Comment

「中型免許を取得する」の欄に
大型教習車両の画像を置いておくと
紛らわしくないですか?
  • 2016/11/11 13:53
  • はなもこ
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.