マツダの小型・中型トラック『タイタン』の新車情報

マツダ『タイタン』の新車情報


マツダタイタン ミドルキャビン

ボディは錆びない事で有名で高い剛性感を持ち、耐久性も高い
まさに業務用にぴったりのタイタン
このタイタンが今年2011年に改良され発売されました!


コンセプト

・人と社会にやさしい高性能。
・ポスト新長期排出ガス規制への適合を実現
平成27年度燃費基準を達成
・細部にまでこだわり、軽量・コンパクト化を実現

ラインナップ

・標準キャビン…4ナンバーサイズでの使いやすさを追求し、小型車専用に開発。
・ミドルキャビン…小型車サイズの幅にこだわらず新しい発想キャビン幅を拡大。
・ワイドキャビン…1ナンバー普通車として積載効率を重視する幅広タイプ

インテリア

・「上質なプロのための仕事場」を目指したインテリア。
・波の動きをモチーフにした“ハードウェイブ”デザインのインストルメントパネルを採用。
・絶対的なスペースの拡大とともに視覚的な開放感
操作性の追求。ドライバーの手の動きに、より自然にフィットする操作系のレイアウトを実現。

走行性

新型3.0Lディーゼルエンジンに統一。
・2ステージターボ、超高圧コモンレール、高効率EGR、排気管噴射を採用
燃焼効率と排出ガス性能を向上
・NOx低減をエンジンのポテンシャルアップ、PM低減をDPD*2で実現し、ポスト新長期排出ガス規制に適合。
・尿素水供給箇所を気にする必要がないため、供給体制が整備されていない市街地での利便性を維持
・尿素水タンクを不要とすることで、既存の車型展開を継続し、積載量、架装性を維持。

安全性能

・新たに強化される、フロントアンダーランプロテクション(FUP)規制、後部大型反射器規制に対応。



おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.