大型免許を取得してトラックを運転するまで

大型自動車免許(大型免許)を取得する


大型ダブルキャブ

 中型免許については以前に説明させていただいたので今回は
大型免許の取得に必要なものや料金なども含めて
大型免許を取得するまでのあれこれを説明していこうと思います。
 ちなみに画像は運転免許センターくらいでしかお目にかかれない
大型のダブルキャブトラックです。




大型免許とは


【道路交通法】

 自動車の免許というと道路交通法が改正されて平成19年に中型免許
というものが設立されたことは記憶にも新しいですが、これによって
大型自動車も区分が一変されて、新たに

免許種類 普通免許 中型免許 大型免許
受験資格 18歳以上 20歳・経験2年以上 21歳・経験3年以上
車両総重量 5t未満 5t以上11t未満 11t以上
最大積載量 3t未満 3t以上6.5t未満 6.5t以上
乗車定員 10人以下 11人以上29人以下 30人以上

となっていて大型免許の取得には普通免許取得後3年以上
経たないと取得できなくなっているので注意が必要です。


【旧大型免許取得者の取り扱い】

三かん法  ちなみに、旧大型免許取得者は更新などによって中型免許に格下げ
されることもなくそのまま大型免許として使い続けることができます。
 ただ、失効などによって一度効力が失われたりする場合は新たな
ルールに則って免許を取り直す必要があります。
 また、中型免許と同様に更新時の三かん法による深視力検査に
落ちてしまうと中型を通り越して大型が普通免許にまで格下げ
なってしまうので自身の視力には細心の注意を払いましょう。


大型自動車免許を取得する


【手順】

 大型自動車免許(大型免許)を取得するには普通免許と同じように
"指定の自動車教習所へ通って卒業検定に合格する方法"と
"運転免許試験場に飛び込みで受験する一発試験"の2種類がありますが
大型免許の飛び込み一発試験は難易度が高いと言われているので
特に理由がない限りは前者の教習センターに通って普通に取得する方法を
選ぶ方が無難と思われます。

●取得までの流れ
1. 指定自動車教習所に入学(入校)
2. 適性検査(視力・聴力検査など)
3. 技能講習・学科講習
4. 技能終了検定(敷地内での運転試験)
5. 仮免許証交付
6. 技能講習・学科講習
7. 技能卒業試験
8. 運転免許試験場での適性検査(視力検査など)
9. 大型自動車免許証(大型免許証)交付
(※学科試験は免除)


【料金】

※教習所の料金はおおよその目安です。

教習 : 20~30万円
学科試験 : 3650円
学科・技能試験 : 9750円
限定解除(教習経験あり) : 1550円
限定解除(教習経験なし) : 3100円


【免許の取得に必要なもの】

飛び込みで一発合格 ●教習所の入校に必要なもの

・印鑑
・免許証(もしくは住民票などの身分証明書)
・写真
・入所申込金
・資格者証(医師・看護師などを所持している場合)

・満20歳以上
・視力が両眼0.8 一眼0.5以上
・深視力 誤差2cm以内
※上記は一例で、詳しくは自動車学校によって異なります。

●試験場で必要なもの

・運転免許証
・写真(たて3cm×よこ2.4cm)
・卒業証明書(教習所卒業者のみ)
・仮運転免許証(飛び込み一発の場合)
・路上練習申告書(飛び込み一発の場合)

・満20歳以上
・視力が両眼0.8 一眼0.5以上
・深視力 誤差2cm以内

おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.