交通安全のお守りで有名な神社(福岡編)

福岡県の交通安全お守りで有名な神社・寺は?


交通安全お守り

 交通安全で有名なお守りについては今まで東京・愛知・大阪と
まとめてきましたが、今回は福岡県で交通安全のご利益のあるお守り
というものをまとめてみました。
 新しいシーズンに新しいお守りを身につけることで交通安全の
意識を高めて1年間無事故無違反を目指しましょう。




交通安全お守りのある神社


【交通安全にご利益のある神社とは】

 お守りというものは、実はどこのものでもいいというわけではなく
その神社に由来する性質や性格によって得意分野みたいなものが
あるらしいです。
 ということで、お守りはむやみに頒布しているわけではないので
交通安全なら交通安全のものを選べば場所は問わずともある程度の
ご利益が得られるものと思われます。


お守りの取り扱い方法


【お守りの扱い】

●中身もいろいろ
お守りの中身
 いわゆる一般的なお守りというものは錦などで作られた袋に紙や木や
布や金属などで作られた内符と呼ばれるものが入れられていて
紐でその口を閉じた状態で頒布されています。
 中身が見えないようになっている理由としては、力を持つ存在を
中に閉じ込めている
という意味があって、それを持ち歩くことで
身の回りの危険を克服するという目的があるとのことです。
 なのでせっかくお布施?を払って手に入れたものなので

●なるべく身近なところに置いておく
●中身は開けない(力が漏れてしまう)
●適当に扱わないで大事にする

といった点に気をつけて最大限ご利益が発揮されるようにしましょう。


【お守りの効果の有効期限】

 有効期限が1年間という説もあるお守りですが
お守りに期限があるのは干支の絵が描いてあったり合格・安産祈願など
目的自体に期限がある場合のみみたいで、基本的には決まりごとと
なっているわけではないようです。
 とはいえ、初詣という行事が1年に1度あるので結果的に毎年新しい
お守りを戴きなおすというケースが一般的ですけどね。


福岡県で定番の交通安全お守りといえば


【宗像大社】

宗像大社のステッカー  福岡県で交通安全というと、紀元前から交通安全に由来のある
三女神を祀る宗像大社というところが有名で、地元の人たちは
新車などを納車してすぐに行くという人が多いみたいです。
 ちなみに宗像大社は参道途中にある池の鯉に餌をあげることができて
(1袋100円)癒し系パワースポットとしても有名です。

●宗像大社の池
池の鯉


福岡県の交通安全にゆかりのある神社一覧


【福岡県内の神社・寺など】

 下に福岡県内で交通安全にゆかりのある神社をまとめてみました。
実際にお守りが販売されているかどうかなど現時点での詳しい点に
ついてはさすがにわかりかねるので、行こうと思っている場所が
ある場合は神社に個別に問い合わせてみてください。

●福岡市中央区
福岡県護国神社 : 福岡県福岡市中央区六本松1-1-1

●福岡市博多区
住吉神社 : 福岡県福岡市博多区住吉3-1-51

●北九州市
東大野八幡神社 : 福岡県北九州市小倉南区母原花枝55
篠崎八幡神社 : 福岡県北九州市小倉北区篠崎1-7-1

●久留米市
成田山新勝寺久留米分院 : 福岡県久留米市上津町
高良大社 : 福岡県久留米市御井町1

●太宰府市
飛梅(太宰府天満宮) : 福岡県太宰府市宰府4-7-1

●宗像市
宗像大社(辺津宮) : 福岡県宗像市田島2331
宗像大社(中津宮) : 福岡県宗像市大島1811
八所宮 : 福岡県宗像市大字吉留3186
宗生禅寺 : 福岡県宗像市大穂937

●遠賀郡
成田山不動寺 : 福岡県遠賀郡岡垣町内浦885

●田川郡
英彦山神社 : 福岡県田川郡添田町英彦山

おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.