トラックの低床車と高床車の違いは?

トラックの低床と高床の違いとは


低床高床

 トラックは、例えば同じプロフィアにしてもいろいろな種類や架装が
あって、全てが全く同じトラックが2台あるというのは意外とないもの
ですよね。
 そんなトラックの種類の1つとして今回は高床と低床というものの
違い
やそれぞれのメリット・デメリットについて調べてみました。



底床と高床の違いとは


【床面地上高】

 低床車と高床車のトラックでは一体何が違うのかというと、この違いは
とてもシンプルで、単純に地面から荷台床面までの高さ(床面地上高)に差が
ある
という点に尽きます。

 では低床型のトラックではどのように高さを下げているかというと
これはトラックに使用するタイヤを径の小さいものにする(要するに
通常よりも小さいタイヤを履かせる)ことで低床を実現しています。
 逆に高床トラックでは大きいタイヤを採用することで高さを上げています。

 つまり、低床トラックと高床トラックは

●タイヤサイズが違う
●床面地上高が違う

という点がポイントとして挙げられます。
 ちなみに実際に計測を試みたという人によると、床面地上高の違いは
三菱ふそうのスーパーグレートで大体15mmくらいの違いがあったそうです。
参考までにどうぞ。


それぞれのメリット・デメリット


【床面地上高を変える利点不利点】

 それにしてもなぜトラックには高床や低床といった一見不便そうな
変更が公然と加えられているのでしょうか?
 もちろんそれにはきちんとした理由があって、それぞれの
種類に対してメリットとデメリットがあるのでそれらを下に
まとめてみました。


【高床車】

 

●メリット
高床の場合は大きなタイヤが使えるので、その分振動が減って
走行安定性が高く悪路に強い…言い換えれば積荷やドライバーの
腰にも優しいタイプです。
 回転回数が少ないことからタイヤへの負担も少なくスペアが1本で
良かったりローテーションが効いたりとランニングコストの低減に
つながります。


●デメリット 通常の荷台のリヤよりも若干高い設定になっているので手積みの 場合は作業が大変になりやすい。 また、配送所などのプラットホームにつける場合なども通常の トラックと高さが違うので段差が生まれやすい。


【低床車】

 

●メリット
低床の場合は地面からトラックへの荷物の上げ下ろしが楽なので
ドライバーの疲労が軽減されるという点と、床面地上高を下げた分
荷室が大きく取れるという大きな2点のメリットが挙げられます。


●デメリット スペアタイヤが2種類必要になるほか、タイヤが総輪同径タイヤの 場合はパンクしたら修理は絶望的とのこと。 また、高床と同じく配送所などのプラットホームにつける場合に 段差が生まれやすい。

おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.