よく読まれている記事

交通安全のお守りで有名な神社・寺(北海道編)

北海道で交通安全のご利益があるお守りは?


北海道の神社

 交通安全で有名なお守りについては他の都道府県でもまとめて
きていますが、今回は北海道の交通安全のご利益のあるお守り
というものをまとめてみました。
 新しいシーズンに新しいお守りを身につけることで心機一転
交通安全の意識を高めて1年間無事故無違反を目指しましょう。






交通安全お守りのある神社


【交通安全にご利益のある神社とは】

 お守りというものは、実はどこのものでもいいというわけではなく
その神社に由来する性質や性格によって得意分野みたいなものが
あるらしいです。
 ということで、お守りはむやみに頒布しているわけではないので
交通安全のお守りが売っていれば場所は問わずともある程度の
ご利益は得られるものと思われます。
 北海道は他の都府県と比べると、歴史的な理由からも最近できた
神社やお寺が多いですが特に気にする必要はなさそうです。


お守りの取り扱い方法


【お守りの扱い】

●お守りの中身もいろいろ
AKBお守りの中身
 いわゆる一般的なお守りというものは袋状のものに内符と呼ばれる
いろいろなものが入れられていて紐でその口を閉じた状態で頒布
されている…というのはおなじみですよね。
 中身が見えないようになっていて開けてはいけないと言われて
いるのにはきちんと理由があって、それには力を持つ存在を
中に閉じ込めている
という意味があって、それを持ち歩くことで
身の回りの危険を克服するという目的があるとのことです。

 せっかくお金を支払って手に入れたものなので

●なるべく身近なところに置いておく
●中身は開けない(力が漏れてしまう)
●適当に扱わないで大事にする

など扱いに気をつけて最大限ご利益が発揮されるようにしましょう。


【お守りの効果の有効期限】

 お守りは有効期限が1年間という噂もありますが、調べてみたら
実際にお守りに期限があるのは合格・安産祈願といったその人の目的
自体に期限がある場合に限るみたいなので、年々効果が落ちていってる
などいったことは特にはないようです。


北海道で定番の交通安全お守りといえば


【七福神】

恵比須尊天  交通安全とは直接的な関わりはありませんが、北海道では人々の
開運招福を願った七福神の霊場というものがいくつか開かれているようで

●北の都札幌七福神 : 象頭山 金毘羅密寺(恵比須尊天)
●すすきの七福神 : 豊川稲荷札幌別院(全七福神)
●網走七福神 : 網走護国神社(全七福神)
●朔北七福神 : 光願寺(恵比須尊天)
●函館山七福神 : 高田屋恵比寿神社(恵比須尊天)

といった寺社があるようで、7つの寺社すべてを回ってご利益を
得る人もかなりいるみたいです。
 ちなみに、優しい笑顔でおなじみの恵比寿尊天は言わずと知れた
商売繁盛の神様ですが海上・陸上の交通安全のご利益もあるとの
ことです。


北海道の交通安全にゆかりのある神社一覧


【北海道内の神社・寺など】

 下に北海道内で交通安全にゆかりのある神社をまとめてみました。
実際にお守りが販売されているかどうかなど現時点での詳しい点に
ついてはさすがにわかりかねるので、行こうと思っている場所が
ある場合は神社に個別に問い合わせてみてください。

●札幌市西区
象頭山金毘羅密寺 : 北海道札幌市西区宮の沢1条5丁目23-21

●札幌市中央区
豊川稲荷札幌別院 : 北海道札幌市中央区南7条西4丁目
北海道神宮 : 北海道札幌市中央区宮ケ丘474

●網走市
網走護国神社 : 北海道網走市桂町2丁目1-1

●北広島市
札幌八幡宮 : 北海道北広島市輪厚中央5-3-16

●千歳市
千歳神社 : 北海道千歳市真町1番地

●函館市
高田屋恵比寿神社 : 北海道函館市末広町23-2

●上磯郡
佐女川神社 : 北海道上磯郡木古内町木古内155-1

●中川郡
光願寺 : 北海道中川郡美深町字西1条北4丁目

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)