よく読まれている記事

私有地での車の無免許運転は違法?合法?

普通車・トラック・重機建機etc…無免許運転は可能?

私有地における軽トラ
 良く私有地で車を運転する場合は免許がなくてもOKという話は
耳にしますが、厳密に合法なのか違法なのかと言われるとあいまいな
ところも多くて何とも言えないですよね。
 というわけで今回は私有地では本当にトラックを運転しようが
重機を運転しようが問題ない(運転免許がいらない)のかどうかを
調べてみました。


運転免許の規定

【日本の運転免許】
なめねこ免許証  日本の制度で運転免許は国家公安委員会・警察庁交通局の管理監督を
受ける国家資格の一種となっていて

●運転免許
道路における自動車および原動機付自転車の運転を認める許可で
制度・規則については道路交通法および下位命令により規定する。

とされていて、道路交通法が適用される道路においては免許の無い者の
運転は許可されていません。
(道路交通法第64条 無免許運転の禁止)

【道路交通法の規定】
 ではその道路交通法ではどのように記載されているかというと

●道路交通法
自動車道および一般交通の用に供するその他の場所をいう。

 とされていて、自動車道のほかにも一般的な交通が発生している場所?
には道路交通法が適応されるので免許がなくてはならないとされています。
 具体的にはたとえ私有地であっても不特定の複数の人の交通が
発生するような場合は法的には公道と同じ扱いになるということに
なります。
(道路交通法 第2条第1項第1号)

道路交通法の適応の対象となる車両

【車両とは】
リヤカー  ちなみに、道路交通法が適応される車両にはどのような種類のものが
あるかというと、これはとても幅が広くいろいろあるのですが一般的な
「三輪以上で乗員が車室内の座席に座る構造のもの」はほぼ全て
当てはまる
と言っても良いです。

具体例とまとめ

【まとめ】
 ここで一度まとめてみます。

●公道 : 道路交通法の適応あり
国道、一般道、高速道路など

●私有地(敷地の立ち入り制限なし) : 道路交通法の適応あり
駐車場など

●私有地(敷地の立ち入り制限あり) : 道路交通法の適応なし
自宅の庭など

●道路交通法の対象車 自動車、建機重機、自転車、リヤカー そり、人間が乗る牛や馬などの動物

 現にスーパーの駐車場などで起きた事故などは立ち入り制限のない
「私有地で起こった事故=公道と同じ扱い=道路交通法が適応」と
扱われたことも実際に裁判の判例でもあるようです。
 また、逆に自分の自宅など立ち入り制限のない私有地ではどのような
重機や建機を運転したとしても道路交通法の適応外なので運転免許や
資格が必要ないということになります。

 ただし、私有地で運転するからといって飲酒運転をしたり危険運転を
わざとするようなことは危険なので、例え自宅でも常識の範囲内で
細心の注意を払って
運転をしましょう。

●自宅ならガンダムの運転も自由
ガンダム
●自動車でサッカーをするのも自由
自動車サッカー
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)