よく読まれている記事

トラックの下取りと買取の違いって何?

買取と下取りの違いとは

中古トラック?
 トラックは自動車よりも寿命が長持ちするとはいえいつかは
手放すときが来るものです。
 しかし、いざ今まで使っていたトラックをいざ手放すとなると
買取や下取りなど複数の売り方があって何が違うのか、どうすれば
自分にとって一番良いのかなかなかわかりにくいですよね。
 ということで今回は買取と下取り、それぞれのメリットや
デメリットについて
まとめてみました。


トラックを手放すときの選択肢

【下取り】
 下取りとは昔から多くの人が普通車やトラックなどで使ってきた
買い替えの方法の1つで、新車や中古車を買う場合に現在所有している
車を代金の一部として換算して引き取ってもらうことで、中古車を
引き取ってもらう店舗で新車or中古車を新しく買う、というのが
前提になります。
 簡単に説明すると部分的な物々交換に近いかも知れません。

下取り

【買取】
 買取は90年代ごろから少しずつ全国に広まってきた比較的新しい
中古車の売買手法の1つで、下取りのように新しい車の購入へは
繋がってこないので手放した後に最終的に手元に車両が残りません。
 しかし買取は買取に特化した専門の業者が多いので自分の車が
比較的高い値段で引き取ってもらえる傾向があります。

買取

【廃車】
 基本的には買取や下取りといった形で売却するのが望ましい車ですが
手元に倉庫として置いておきたいけど税金は払いたくないなどといった
場合は廃車という選択肢もあります。
 廃車手続きをすることでナンバーなどは返還することになりますが
税金を支払う必要がなくなります。
 また、廃車状態でも買取や下取りを行うことが可能です。

【解体】
 廃車手続きを行った車が邪魔だから解体を…と考えている方も中には
いるかと思われますが、残念ながら自動車の解体は認可制でとても
厳密なルールに則って処理を行なっているので個人の判断で勝手に
自動車の解体を行うことは出来ません。

(※画像のような行為も日本では禁止されています)
解体

売却時のそれぞれのメリットとデメリット

【下取りと買取それぞれの特徴】
二択  とはいえ、ほとんどの人は下取りするか買取するかのいずれかだと
思うのでそれぞれのメリットとデメリットについてまとめておきます。

【下取り】
●下取りのメリット
・車の購入と売却が1か所で行えるので手続きもなく楽
・ディーラーよりも立場が上なので嫌な思いをすることが少ない

●下取りのデメリット ・下取り価格は買取価格に比べてかなり低いので金額的には損

【買取】
●買取のメリット
・買取価格は下取り価格よりも大幅に高いので金額的にはお得
・即日即金に対応しているところが多いので金策になる

●買取のデメリット ・複数の買取業者に問い合わせて査定を行う必要があるので大変 ・新しく車を買う場合はまた別の販売業者に頼らなければならない ・査定で買い叩かれるので嫌な思いをすることがある

【まとめ】
 ということで簡単にまとめるとこんな感じになります。

下取り : 肉体・精神的に楽
買取 : 金額的にかなりお得

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)