よく読まれている記事

トラック用タイヤのラジアルとバイアスの違いとは?

ラジアルタイヤとバイアスタイヤの規格や寿命やサイズなどなど

ラジアル
 前にトラック用タイヤの規格についてサイズなどをまとめたことが
ありましたが、その中にタイヤの構造がラジアルかバイアスかという
点が含まれていましたね。
 トラックで使われているラジアルタイヤとバイアスタイヤのそれぞれの
特徴が気になっている人も多いみたいなので、今回はこのラジアル構造と
バイアス構造の違いについて
説明していきたいと思います。


それぞれのタイヤの構造

【バイアスタイヤの構造】
アーサー・サヴィッジ  バイアスタイヤはカーカスと呼ばれるゴムの繊維を、層ごとに
クロスして重ねていく構造によってタイヤ全体の強度を上げるという
構造になっていて、カーカスはタイヤに対して斜めに配置されている
ことからバイアスタイヤと呼ばれています。
(※バイアス(bias):斜め、偏り、歪み)

 1915年にサンディエゴのタイヤメーカー経営者であった
アーサー・ウィリアム・サヴィッジによって発明されて以降ずっと
主流の構造だったのですが、1948年にラジアルタイヤというものが
開発されてからはほとんど使われなくなりました。

バイアスタイヤの構造

【ラジアルタイヤの構造】
ミシュランマン  ラジアルタイヤはカーカスがトレッド(地面との接地面)と直角に
なるような構造になっていて、タイヤを横から見るとちょうど中心から
放射状にカーカスが伸びているように見えることからラジアルタイヤと
呼ばれています。
(※ラジアル(radial):放射状の、星型の)

 構造的にはタイヤの強度が不足するのでラジアルタイヤではトレッド面に
補強のためのベルトが入れられていて、補強と保護を行いつつタイヤ全体の
構造を支える役割があります。

 ラジアルタイヤは1948年にタイヤでおなじみのあのミシュランによって
開発された構造で、バイアスタイヤの登場から30年以上後に開発された
技術とあって様々な利点があり、ラジアルタイヤは現在世界中のほぼ全ての
自動車のタイヤで標準となっています。

ラジアルタイヤの構造

それぞれのメリットやデメリット

【ラジアル>バイアス?】
ラジアルとバイアス  上で「ラジアルタイヤは現在世界中のほぼすべての…」と説明しましたが
なぜ100%ではないのかというと、実は今から100年も前に開発された
バイアスタイヤにもラジアルタイヤにはない良い点もあるのです。
 そんなラジアルとバイアスにはそれぞれメリットとデメリット
あるのかまとめてみました。

【バイアスの良いところ悪いところ】
 製造工程が単純なので製品の価格も安価なのが大きな特徴です。
また、タイヤ全体が簡単に屈曲するので乗り心地も良く
面積当たりのコードの量が多いので、外部の衝撃に対する強度が高い
頑丈なタイヤにすることができる。
 一方で、コードの量が多いことでその分タイヤが重くなっているほか
屈曲しやすいということは高速時の転がり抵抗の増加も意味していて
高速域でのコントロール性やトラクション性能は悪いという欠点がある。

●良いところ
・価格が安い
・乗り心地に優れている
・耐衝撃性に優れている

【ラジアルの良いところ悪いところ】
 ラジアル配置されたコードはスプリングのような役割を果たすので
柔軟性と乗り心地が確保されています。
 また、各メーカーの最適化によって小さな転がり抵抗と同時に
変形しにくい強固なトレッド面のほかに走行安定性やトラクションの向上
タイヤそのものの軽量化やトレッド面の長寿命化などなど多くの利点を
持っています。

 しかし、ベルトが巻かれていないサイドからの耐衝撃性能は
未だにバイアスタイヤよりも弱く面積当たりのコードの量も
少ないことなど損傷に弱いという欠点があります。

●良いところ
・高速耐久性に優れている
・発熱が少ない
・グリップと操縦安定性に優れている
・転がり抵抗が小さいので燃費性に優れている
・耐摩耗性に優れている

ちなみに

【ラジアルとバイアスをお互いに履き替える場合】
ラジアルとバイアス  今呼んでいただいている方の中には、ラジアルからバイアスへ
バイアスからラジアルへと履き替えたいと思っている人も中には
いると思います。
 しかし実は車体自体がもともとのタイヤがバイアスならバイアスの
ラジアルならラジアルに合わせたサスペンションやフレーム構造で
設計されているものなので、特に理由のない限りは上のような交換は
パーツに無駄な負担を与えないためにも避けた方が良いでしょう。

 もちろん、バイアスからラジアルへ、ラジアルからバイアスへ
履き替えたとしても全く問題なく運転することはできます。
 しかし、その場合タイヤそれぞれが持つ本来の利点がきちんと
得られるかどうかは微妙なところなのでその点だけ注意してください。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)