よく読まれている記事

特殊自動車運転免許を紛失した場合の再発行の手続きや費用

特殊自動車運転免許の紛失時の再発行手続きと費用

 特殊自動車の運転免許というと重機や建機を公道で運転するための
免許ということで、普通免許と比べて取得する人も多くはないですが
万が一の際に紛失や再発行が必要になってしまった場合はどうすれば
いいのかと言われても良くわからないですよね。
 ということで、今回はそんな特殊自動車の運転免許証について紛失や
再発行しなければならない場合の手続きや必要な費用などを
まとめてみました。


自動車と運転免許

【特殊自動車免許の取得制限】
 特殊自動車免許の取得条件には満18歳以上(小型は満16歳以上)で
視力がや聴力などなど…といった条件がありますが、この中に
普通自動車免許の取得は含まれていません。

 要するに普通の自動車免許を持っていなくても特殊自動車免許は
取得することが可能なので、これから取得する予定の人は参考までに
どうぞ。

【免許の有効期限など】
 重機や建機を操作するための資格は一度取得してしまえば生涯に
渡って有効なので更新なども必要ないのですが、運転免許の場合は
そうも行かないので念のためおさらいしておきますと

優良運転者と一般運転者 違反運転者と取得期間5年未満運転者
70歳未満 70歳 71歳以上 年齢不問
有効期間5年間 有効期間4年間 有効期間3年間 有効期間3年間

とこのようになっています。
 これは普通免許も特殊自動車免許も運転免許証という公道を運転
するための免許なので両者に違いはありません。

免許の紛失・再発行

【紛失した古い免許証の処分や取り扱い】
 再発行された免許証は以前の免許証とは違う全く新しい免許証番号で
再発行され、この時点で紛失した方の古い免許証は法律上自動的に
その効力が無効
となります。
 また、再発行を受けた後から紛失した免許証が出てきた場合は
自分で処分してしまったりせずに道路交通法で定められている通りに
速やかに免許更新センターや警察等に返却する必要があります。
 ちなみに運転免許証の最後の下1桁はその免許の再発行が行われた
回数を示しています。

【免許が悪用されてしまった場合】
免許の悪用  では、もし紛失・遺失したりした自動車免許証が勝手にコピーされたり
悪用されたりした場合はどうなのでしょうか。

 この場合、免許証を悪用した他人は本人を代理する代理権限がないにも
かかわらず勝手に本人の代理人として偽って契約などを行なっている
わけです。
 このようなケースを法律用語で「無権代理」といい、こういう契約は
本人が了承していないので悪用した他人が何をしようともその責任が
遺失した本人にまで及ぶことはありません。

 つまりは紛失した間に悪用されたとしてもそれはすべて無効ですよ
ということなのでその点は安心です…が、ヤミ金業者などとの間に
無用なトラブルが発生することを避けるために基本的には紛失が
発覚し次第速やかに対応するようにしましょう。

免許(資格)の再発行に必要なもの

【再発行の手続きに必要なもの】
ぽっぽくん  実際に自動車の運転免許証の再発行するにあたっては次のような
書類などが必要になってきます。

●手続きに必要なもの

紛失を証明する書類(後述)
免許用写真(縦3cm×横2.4cmの6ヶ月以内に撮影されたもの)
印鑑
身分が証明できるもの(パスポート、学生証、健康保険証など)
手数料(およそ3,500円)
(※仮免許証は1,200円、IC免許証の場合は+450円)

【再発行の手続き手順】
  1.  まず、再発行(交付)を行うためには「紛失による再発行を証明する
    書類」が必要になるので警察に紛失届を出して「紛失届証明書」
    という書類をもらいます。
     これが再発行時に必要な紛失を証明する書類となります。

  2.  次に、運転免許センターか警察署に行き再発行の手続きをします。
     たいていの場合は即日発行してもらえるようですが、警察署の場合は
    時間かかる場合もあるようなので念のため事前に確認しておくように
    しましょう。

  3.  紛失した免許証が見つかった場合は勝手に処分せずに速やかに
    警察署に届出ましょう。

その他のケース

【失効してしまった場合】
 免許証が紛失している間に失効してしまった、あるいは失効中の
さらに免許証を紛失してしまったといった場合などは同時に手続きを
行うことになると思われます。
 失効は期限が切れてしまったとはいえ、その状況に応じてある程度の
免除が期待できるので終わってしまったからといって諦めたりせずに
速やかに対応しましょう。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)