よく読まれている記事

ボーリングマシンの操作に必要なボーリングマシン運転者の資格取得

ボーリングマシンの操作に必要な資格・免許って?

ボーリングで開けた穴
 今回はボーリングマシンの操作に必要な資格
ボーリングマシン運転者というものについて取得に関して
費用やかかる時間などを説明していきたいと思います。
 ちなみに10本のピンを倒す方は"bowling"で今回
説明する地面に穴を開ける方が"boring"です。


ボーリングマシンとは?

【ボーリングの概要】
ボーリングマシン  ボーリングとは円筒状の穴を開けることで、もしくはドリルで
開けられた穴を大きくする過程のことをいいます。

 日本では主にトンネルや井戸など地中に円筒状の穴を掘削する作業に
使われていて
、地質調査、農業、水文学、土木工学、石油、天然ガス
などなど産業や学術や建築などさまざまな分野において使われています。
 身近なところだと、家を建てるときの地質調査で使われているのを
見たことがあるという人がいるかもしれませんね。

●ボーリングの作業風景
ボーリングの作業風景

【マシンの注意点】
 ボーリングマシンで検索するとトンネルなどを作成するトンネル
ボーリングマシンというボーリングマシンを横向きにしたような
重機のことが書かれているのですが、こちらはトンネル工事において
使われるもので若干意味が違うものになるので注意が必要です。

●トンネルボーリングマシン
ボーリング

運転や操作に必要な免許・資格

【免許・資格区分の概要】
 日本でボーリングマシンの操作をする場合にはボーリングマシン運転者
という資格が必要になります。
 このボーリングマシン運転者には免許や運転技能講習といった
上級の資格がないので特別教育資格の1種類だけですべての機械の
操作が行えるという特徴があります。

●ボーリングマシン

・作業に必要な免許や資格
ボーリングマシン運転者

・対象となる重機や建機
ボーリングマシン

と、このように定められています。

受験・受講資格

【ボーリングマシン運転者】
特別教育

満18歳以上

講習の内容

【ボーリングマシン運転者(特別教育)】
特別教育は各事業所(企業等)や都道府県労働局長登録教習機関などで
行われていて、安全衛生特別教育規程で規定された履修時間は
12時間(以上)
とされています。

●学科講習科目

1. ボーリングマシンに関する知識(4時間)
2. ボーリングマシンの運転に必要な一般的事項に関する知識(2時間)
3. 関係法令(1時間)

●実技講習科目

1. ボーリングマシンの運転(4時間)
2. ボーリングマシンの運転のための合図(1時間)

免許の取得にかかる費用

※免許の取得にかかる費用はおおよそのものです。

【ボーリングマシン運転者(特別教育)】
特別教育

1~2万円?
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)