交通安全のお守りで有名な神社・寺(広島県編)

広島県の交通安全のご利益があるお守りは?

広島県の厳島神社
 これまでいろいろな都道府県の交通安全のお守りを取り扱っている
神社をまとめてきていますが、今回は厳島神社などでおなじみの
広島県について調べてみました。
 新しい機会に新しい交通安全お守りを身につけることで心機一転
安全意識をあらためて今後の無事故無違反を目指しましょう。
神社について

【交通安全のご利益について】
厳島神社  一言でお守りといっても、そのご利益にはいろいろなものがありますが
これは別に神社が適当に取ってつけてるというわけではなくその神社に
由来する性質や神様の性格といった得意分野的なものに則って作られている
とのことで、有名な神社でなくともお守りがあるならば普通にご利益は
得られるものと考えられます。

 ちなみに画像の鳥居は広島県の廿日市市にあるという厳島神社のもので
海に浮かぶ真っ赤な鳥居は観光名所としてもおなじみですね。
  ちなみにこの厳島神社ですが、上の部分がモルタルで、下の部分が木で
出来ているらしく潮?で腐食するたびに下の部分だけ交換することで
形を保っている
んだそうで…海の上に建つ神社は大変そうですね。

お守りの取り扱いやご利益

【取り扱い方法】
●いろいろなお守り
スペランカーお守り
 お守りといえば、中身は見えないようになっていてこれを開けては
いけないと良く言われていますが、これにも実はちゃんとした理由が
あります。
 口が塞がれて紐で縛られているお守りですが、その内部には
力を持つ存在を閉じ込めているそうで開封してしまうと
その力が逃げてしまうんだそうです。

 まあ、せっかく神社まで行って大事なお金と引き替えに
手に入れたお守りですので

●なるべく身の回りに置くようにする
●中身は開けない
●雑に扱わない

といったことに気ををつけてなるべくお守りのご利益が発揮
されるようにしましょう。

【お守りの有効期限】
 ちなみに有効期限は1年間とも言われるお守りですが調べてみたら
お守りに有効期限というものは特に決められているわけではないようで
例えあるにしても祈願の内容自体が期限つきの場合(受験や安産など)
くらいのようです。
 「年々効果が落ちていってるのでは…?」といった不安も特に
気にする必要もないみたいですが、初詣などで新しいお守りを手に
入れたので古い方は処分したい…といった場合はゴミ箱に捨てて
しまうのではなく神社に
引き取ってもらうようにしましょう。

広島県で定番の交通安全お守りといえば

【速谷神社】
速谷神社  初詣などでも多くの参拝客が訪れている有名な神社で
「車を買ったら速谷さん」ということで広島市内のバスやタクシーも
こちらのお守りをつけて走っている人がかなり多いようで、わざわざ
遠方から訪れる人もいるほど。
 この手の交通安全神社には珍しく予約なしでも車のお祓いを
してくれるというのは嬉しいですね。

広島の交通安全にゆかりのある神社一覧

【広島県内の神社・寺など】
 下に広島県内で交通安全にゆかりのある神社をまとめてみました。
ただ、現在も実際にお守りが販売されているかどうかなど最新の
詳しい点については神社に直接問い合わせてみてください。

●広島市中区
広島護国神社 : 広島県広島市中区基町21-2

●広島市東区
饒津神社 : 広島県広島市東区二葉の里2-6-34
広島東照宮 : 広島県広島市東区二葉の里2-1-18

●尾道市
大山神社 : 広島県尾道市因島土生町1424-2

●廿日市市
速谷神社 : 広島県広島市東区二葉の里2-1-18
厳島神社 : 広島県廿日市市宮島町1-1

●芦品郡
吉備津神社 : 広島県芦品郡新市町宮内400
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.