よく読まれている記事

セルフローダーって何?必要な免許や資格は?

キャリアカーの一種・セルフローダーについて

車載
 車を荷台に載せるトラックといえばキャリアカーという乗用車を
何台も載せて走るものがおなじみですが、重機や建機を載せて走る
セルフローダー
というものがあるのはあまり知られてないですよね。
 そもそもセルフローダーやスライドキャリアなど似たような機能で
いろいろな名前がありますが一体何が違うのか?
 ということで今回はそんなセルフローダーのというものについて
詳しく調べてみました。


セルフローダーとは?

【セルフローダーの概要】
セルフローダーの例  セルフローダーとは、各種架装メーカーなどで一般的に~キャリア
もしくはキャリア~呼ばれているものと同じタイプのもので日本では
トラック架装メーカーTADANOが製作している商品名になります。
 つまり掃除機というくくりの中のダイソンといった感じでブランド名
的なものを表している扱いなんです。

 ちなみにTADANOが製造・販売を行なっているキャリアカーには
次のようなものがあり、TADANOの場合はスライドキャリアが普通の
車載専用車、セルフローダーが産業車両運搬車として使い分けが
されています。

●スライドキャリア
スライドキャリア
●セルフローダー
セルフローダー
●スーパーキャリー
スーパーキャリー

セルフローダーの操作や運転に必要な免許・資格

【作業現場で操作を行う場合】
 作業現場で実際にセルフローダーなどの操作を行って作業する場合は
次のような免許や資格が必要になります。

ウインチの運転 : 巻き上げ機(ウインチ)の運転業務に係る特別教育

【公道での走行を行う場合】
 また、公道で走行を行う場合は巻き上げ機(ウインチ)の操作資格のほかに
次のような自動車の運転免許が必要になります。

車両総重量11t以上、最大積載量6.5t以上 車両総重量5t以上11t未満、最大積載量6.5t未満 車両総重量5t未満、最大積載量3t未満
: : :
大型自動車免許 中型自動車免許 普通自動車免許
(※中型(8t)限定免許の場合は車両総重量8t未満、最大積載量5t未満が上限)

【ちなみに】
 ちなみに豆知識となりますが、日本の法律で私有地というものは
道路交通法の適応範囲外となる領域なのでセルフローダーに限らず
どのような重機や建機であっても無免許で運転や操作が可能です。
 しかし、これは自宅の敷地など人の立ち入りが制限されている場合で
駐車場やグラウンドなど誰でも入れるような私有地は道路交通法の
適応圏内となるので注意が必要です。

●運転や操作が許可される場合
自宅
●運転や操作が許可されない場合
駐車場

各種法的な規制など

【規制や法令の内容など】
過積載●長さ、幅、高さ
自動車の規制値として長さ12.0m×幅2.5m×高さ3.8mというものがあり
これを越えてはいけません。
クレーン搭載仕様であってもこれは変わりません。

●リヤオーバーハング
リヤオーバーハング(後軸中心から荷台最後部までの水平距離)は
一般の自動車(平ボディ車等) の場合、ホイールベースの1/2が
限度になります。
ただし、物品を車体の後方へ突出して積載する恐れのない構造の
自動車についてはホイルベースの2/3まで取ることができます。

●キャブ幅段差と突起
キャブ幅段差は片側100mm以下にする必要があり、キャブと
リヤボディの段差が50mm以上の部分は、ボディ前の角を45°以下の
面取りまたは半径50mm以上のRをつけるかプロテクタの装着が
必要となります。
荷台外側面の突起物の突起量は40mm以下とされていて、先端は
面取りなどをつけることが必要です。


●積載の制限 自動車の車体の前後から自動車の長さの1/10の長さを超えて積載物が はみ出してはいけません。 積載物の後方への突出が認められている一般仕様の場合であっても 最大で全長の1/10の長さを超えて積載してはいけない規定です。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)