よく読まれている記事

トラックの白ナンバーと緑ナンバーの違いって?

白ナンバーのトラックと緑ナンバーのトラック

ナンバープレート
 トラックにはいろいろな種類があるというのは今までにも
説明してきていますが、トラックの形や機能だけでなくナンバーも
普通の自動車と違うのはご存知でしたか?
 実はトラックはよく見ると白ナンバーと緑ナンバー(たまに黄色も)の
2種類のトラックがあるんです。
 そんな緑ナンバーと白ナンバートラックの違いをまとめてみました。


ナンバープレートの雑学

【ナンバープレートの概要】
ナンバープレートキーホルダー  ナンバープレートは大きく分けて4つの色があり、その分類の仕方は

白ナンバー●白色(白地に緑字のナンバー) 自家用の乗用・商用車
緑ナンバー●緑色(緑地に白字のナンバー) 営業用の乗用・商用車
黄ナンバー●黄色(黄地に黒字のナンバー) 自家用の乗用・商用車
黒ナンバー●黒色(黒地に黄字のナンバー) 営業用の乗用・商用車

という形で区分されています。
 例えば、トラック好きが興じて自分でも自家用車として2tトラックを
乗っている場合は自家用の商用車ということで白ナンバー
個人タクシーなどで自分のセダン型やバン型といった自家用車を
タクシーとして使う場合は営業用の乗用車ということで緑ナンバー
といった具合になります。


トラックの運送業者の場合

【白ナンバーでOK?緑ナンバーでOK?】
トラック  しかし、明らかに個人用ではない白ナンバーのトラックが現場などに
出入りして積荷などを運んでいることもありますよね。
 これは一体どういうことなのでしょうか?

 白ナンバーは自家用なので、白ナンバーで自家用のナンバーでは
人や貨物を運んで運賃を貰うことが禁止されています。
 つまり白ナンバーのトラックというのは運んだことによる運賃を
貰っているのではなく、運んだ先で荷物を売ったりすることで利益を
上げているんです。

 もちろん、運送会社のトラック、宅配便、バスなどなど…の
緑ナンバーの車は営業用なので人や貨物を運んだ代償として運賃を
得ることができるわけです。

ちなみに

【白ナンバーで運送も可能?】
白雪姫の毒りんご  本来、運送業やタクシーの白ナンバー運行は違法行為になるわけですが
実は民法では請負という仕事のスタイルが認められていて、この請負を
することで本来禁止されている白ナンバートラックの運行というものが
可能になるんです。

請負というのは仕事を個人事業として仕事を行うということで
例えば運送業者が預かった荷主の荷物を自社の荷物として扱い
それを知り合いのトラックを借りて運び、その車に対価を支払うと
同時にドライバーを別口で雇ってその労務費を正当に支払うという
体にすることで、あたかもトラックを持っている知人に引っ越しの
手伝いをしてもらったかのような扱いになるので、合法で緑ナンバーと
同じ仕事ができるという抜け道もあるようです…。

 とはいえ、運賃水準の低下や景気低迷の影響で特に立場の弱い
中小トラック業者が荷主から白ナンバーによる営業を強要されたり
誘われたりケースも相次いでいて一概に運送業者が悪いとも
言い切れない
ので難しい問題ですけどね。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)