トラック運送業に必要な始業前点検、その確認項目って?

トラックドライバーが行う始業前点検の確認項目

始業前点検表
 始業前のトラックに対して法律で定められている始業前点検。
 きちんと管理や点検を行っていなかった場合は、いざ問題を
起こしてしまった際に面倒な問題に発展しがちですが、こちらも
どのような項目を満たせば良いのか、実際のところわかりにくい
部分がありますよね。
 ということで今回はトラックに必要な始業前点検で確認が必要な
項目
をテンプレにまとめてみました。
道路運送車両法によると

【始業前点検とは?】
点検  始業前点検とは、車のエンジンをかける前に車両の各部に異常が
ないかどうかを調べて安全性を確認する作業のことです。

 特にトラックやバスなど事業用の車の場合は「1日1回運行する前に
使用者が日常点検を行わなければならない」といったことが車両法
第47条の2によって義務付けられていて、車を運転する前に少なくとも
1回以上の点検が必要とされています。

道路運送車両法 (日常点検整備) 第47条の2

 自動車の使用者は、自動車の走行距離、運行時の状態等から判断した適切な時期に
国土交通省令で定める技術上の基準により、灯火装置の点灯、制動装置の作動その他の
日常的に点検すべき事項について目視等により自動車を点検しなければならない。

2 次条第1項第1号及び第2号に掲げる自動車の使用者又はこれらの自動車を運行する者は
前項の規定にかかわらず、1日1回、その運行の開始前において、同項の規定による点検を
しなければならない。

3 自動車の使用者は、前3項の規定による点検の結果、当該自動車が保安基準に
適合しなくなるおそれがある状態又は適合しない状態にあるときは、保安基準に
適合しなくなるおそれをなくするため、又は保安基準に適合させるために
当該自動車について必要な整備をしなければならない。

ちなみに

【始業前点検と日常点検の違い】
 ちなみに始業前点検は文字通り始業前に正常に動くかどうか
という確認で、一日の稼働に不具合がおこる恐れがないかどうか
という点検になります。
 このような点検はほかにも動作中などに行う中間点検や
就業後点検などもあります。

 日常点検はこれらの始業前点検、中間点検、就業後点検などを
すべて含むものですが、中間点検や就業後点検といった項目は
特に義務化されていないので日常点検=始業前点検となっている
事業所が多いみたいです。


【点検を怠った場合】
 始業前点検を怠っていて、それを警察などに指摘された場合は罰金や
懲役などが課せられるといったことまでは行われないようなのですが
点検が行われていないことが発覚した場合はそのトラックに対して
改善命令を出したり即座に車両の運行停止命令などを下すことができるので
 もし荷主の荷物を運んでいる途中に運行停止命令などが与えられて
立ち往生を食らい大変な損害を被る可能性はあります。

 また、常点検を行なっていないことで事故などを起こしてしまった
場合は法的に重い責任が課せらて事業所ごと廃業になってしまったり
乗っているトラック車種にもしリコールなどが発生した場合も
整備不良ということでメーカーのリコール修理を断られたという
ケースも実際にあるようです。

始業前点検の各項目

【始業前点検表】
 始業前点検表については、前に日常点検表に関してまとめたことが
あるのでこちらをご覧ください。

●トラックやダンプのナンバー別・日常点検表
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-181.html
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.