よく読まれている記事

建設用リフト運転士の資格を取得する

建設用リフトの操作に必要な資格・免許って?

建設用リフト
 今回は建設用リフトの操作に必要な資格
建設用リフト運転士というものについて取得に関して費用や
必要な時間などを説明していきたいと思います。
 ちなみにこの手の建設用のものはリフト以外にもエレベーターや
クレーンといったものも思い浮かぶところですが、そのあたりとの
違いも含めてまとめてみました。


建設用リフトとは?

【建設現場に使われるリフト】
給食のリフト  建設用リフトとは荷物のみを運搬することを目的とするエレベーターで
身の回りの似たようなリフトとしては飲食店の配膳に用いられるものや
工場などでもおなじみですよね。
 今回の建設用リフトは土木工事などの作業に使用される機械のことで
建設用リフトの運転はほとんどが押しボタンスイッチの操作によって
昇降するので、とても簡単に運転することができるのですが業務に従事
するためには、この特別教育を修了するか、それに準じた処置を
受けなくては無免許という扱いになってしまいます。

【エレベーターやクレーンとの違い】
 揚重運搬機械の分類は大きく3つに分けることができて、それらは
それぞれ

●クレーン
●建設用リフト
●工事用エレベーター

となっています。

 工事用エレベーターの例としてはロングスパンエレベーターなど
クレーンの例としてはジブクレーン、タワークレーン、トラッククレーン
クローラークレーンなどがあり、それぞれに使用目的に応じた特徴が
あります。

 エレベーターは昇降速度10m/min以下で、数名の人員と長尺物の
材料の運搬ができて設置が比較的簡単なものです。

 クレーンは巨大なものや重いものを吊り上げて運ぶ機械のことで
荷を動力を用いてつり上げて水平に運搬するもののことです。
つり上げ荷重が1トン以上のクレーンにかかわる玉掛け作業は
玉掛け技能講習が必要となります。

●クレーン
クレーン
●建設用リフト
建設用リフト
●工事用エレベーター
工事用エレベーター

運転や操作に必要な免許・資格

【免許・資格区分の概要】
リフト  日本で建設用リフトの操作をする場合には建設用リフト運転士
という資格が必要になります。
 この建設用リフト運転士という資格には免許や運転技能講習といった
上級に位置する資格や免許がないので特別教育資格の1種類だけで
建設用リフト運転士の操作が行えるという特徴があります。
 積載荷重0.25t未満でガイドレールの高さ10m未満の建設用リフトの
操作においては特に資格を必要としませんが、安全衛生上は取得
しておいた方が良いです。

●建設用リフト

・作業に必要な免許や資格
建設用リフト運転士(特別教育)

・対象となる重機や建機
建設用リフトの運転の業務

と、このように定められています。

受験・受講資格

【建設用リフト運転士】
特別教育

満18歳以上

講習の内容

【建設用リフト運転士(特別教育)】
特別教育は各事業所(企業等)や都道府県労働局長登録教習機関などで
行われていて、安全衛生特別教育規程で規定された履修時間は
9時間(以上)
とされています。

●学科講習科目
1. 建設用リフトに関する知識(2時間)
2. 建設用リフトの運転のために必要な電気に関する知識(2時間)
3. 関係法令(1時間)

●実技講習科目
1. 建設用リフトの運転及び点検(3時間)
2. 建設用リフトの運転のための合図(1時間)

免許の取得にかかる費用

※免許の取得にかかる費用はおおよそのものです。

【建設用リフト運転士(特別教育)】
特別教育

1万円
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)