よく読まれている記事

トラック用タイヤの保管(保存)方法や痛まないコツって?

車に使うタイヤの保管・保存の注意点

タイヤ保管庫
 トラック用のタイヤというと夏用と冬用で履き替えていたりとか
スペアのタイヤを用意してあるといった事情で使っていない方の
タイヤを保管しているトラック運送業者も多いのではないかと
思いますが、保管・保存の方法を間違えてしまうと劣化が進んで
いざというときに使えなくなっていたりしますよね。

 ということで今回は使っていないタイヤの正しい保存や保管の
コツややってはいけない注意点
などについてまとめてみました。


タイヤが保管されるまでの手順やコツ

【その1 洗浄】
タイヤを洗う  まず、タイヤに付着した細かい泥、融雪剤、油脂などなど…
いろいろな目に見えない汚れがあるのでこれを洗い流します。
 汚れはタイヤの老化を促進してしまうので例え長期保管することに
なっても次に履き替えたときに問題なく使える程度には良く洗って
おきましょう。
 洗い終わったタイヤは水分を拭き取ったのち自然乾燥させます。

【その2 空気圧】
 タイヤの空気圧はパンパンになっているよりも緩めた方が良いようで
走行時の半分以下(1.0kgf/cm2)くらいまで空気圧を下げてタイヤの
緊張状態を解いてリラックスできるような状態にしましょう。

【その3 保管場所】
保管する場所  タイヤはそのままにしておくと直射日光などによって製造の際に
使用された油分(オイル)や薬品などが染み出してきたり
風雨によって腐食が発生したりしてしまいます。
 そのため、保管場所はこれらを回避できるような涼しい屋内を
選びます。

 また、保存用のアイテムとしてタイヤカバーや金属製のラック
などがあるとなお良いです。
 もしタイヤを床などに直接置く場合はタイヤの色が床に付着する
可能性があり、これがなかなか落ちないのでそのような場合は
新聞紙やダンボールなどでワンクッション置くのが望ましいです。

【その4 保存のコツ】
 タイヤはそのときの状態によって保管方法が大きく異なります。
もし、タイヤにホイールが装着されている状態の場合は縦にして
並べても横にして積んでもどちらでも問題ないのですが(とはいえ
できれば縦積みを推奨)、もしタイヤのみでホイールが付いていない
場合は横置きの縦積みにすると自重でタイヤが潰れて使えなくなって
しまうので必ず縦置きの横積みを選ぶようにしましょう。

あると便利なもの

【金属製のラック】
 安く済ませたいということでホームセンターなどで売っているような
普通の金属製ラックを使う人もいますし、無難に専用のタイヤラックを
使う人もいます。
 前者は3千円程度で、後者は1万5千円程度で手に入れることが可能です。

【タイヤカバー】
 直射日光や雨水を回避することが目的なので、こちらも安いものから
専用のタイヤカバーまでいろいろなものがあります。

【ダンボール】
 下に敷くことで汚れなどを防ぎます。
 新聞紙でも代用可能ですが、ダンボールの方が強度が強いので
特に理由のない限りはダンボールの方が良いでしょう。

金属製のラック タイヤカバー ダンボール

まとめ

【タイヤの保管・保存方法まとめ】
●保管の前に洗浄を忘れずに

●タイヤの空気圧を下げる

●保管場所は直射日光や風雨の当たらない涼しい屋内
●タイヤカバー、金属ラック、ダンボールがあるとなお良い

●ホイールがある場合は縦置きでも横置きでも可能
●ホイールがないタイヤのみの場合は縦置きにすること
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)