交通安全のお守りで有名な神社・寺(茨城県編)

茨城県の交通安全のご利益があるお守りは?

茨城県の神社
 これまでいろいろな都道府県の交通安全のお守りを取り扱っている
神社をまとめてきていますが、今回は東京周辺に位置していて交通量が
多いことでもおなじみの茨城県について調べてみました。
 新しい機会に新しい交通安全お守りを身につけることで心機一転
安全意識をあらためて今後の無事故無違反を目指しましょう。
神社について

【交通安全のご利益について】
大洗磯前神社  お守りといえば、同じようなものでも目的別にいろいろなご利益が
あるということはおなじみですが、この効果は神社が適当につけて
いるというわけではなくその神社に由来する性質や神様の性格といった
得意分野的なものによって決めているとのことで、有名な神社で
なくともお守りがあれば普通にご利益は得られるものと考えられます。

 ちなみに画像の鳥居は茨城県の東茨城郡大洗町にある大洗磯前神社で
海辺に建てられた鳥居に時折派手な波しぶきが上がる様子はかなり
見栄えが良いのでおすすめですよ(交通安全もやっているようです)。

お守りの取り扱いやご利益

【取り扱い方法】
●いろいろなお守り
成田山のいろいろなお守り
 また、お守りは外から中が見えないようになっていて開けては
いけないと良く言われていますが、実はこれにもちゃんとした
理由があります。
 お守りは口が塞がれて紐で縛られている状態ですが、その内部には
力を持つ存在を閉じ込めているんだそうで開封してしまうと
その力が逃げてしまう、とのことです。

 まあ、せっかく神社まで行って大事なお金と引き替えに
手に入れるお守りなので

●身の回りに置いておく
●中身は開けない
●雑に扱わない

といったことに気ををつけてなるべくお守りのご利益が発揮
されるようにしましょう。

【お守りの有効期限】
 ちなみに有効期限は1年間とも言われるお守りですが調べてみたら
お守りに有効期限というものは特に決められているわけではないようで
例えあるにしても祈願の内容自体が期限つきの場合(受験や安産など)
くらいのようです。
 「年々効果が落ちていってるのでは…?」といった不安も特に
気にする必要もないみたいですが、初詣などで新しいお守りを手に
入れたので古い方は処分したい…といった場合はゴミ箱に捨てて
しまわずにちゃんと神社に
引き取ってもらいましょう。

茨城県で定番の交通安全お守りといえば

【笠間稲荷神社】
笠間稲荷神社  笠間稲荷神社は、毎年6月に車の茅の輪くぐりという変わった行事が
行われていて、これは直径6メートルにもなる茅の輪を車で8の字を
描くように3回くぐる
というものです。
 車ごとけがれを祓うこの行事は、トラックや観光バスといった比較的
大きな車も参加しているので見るだけでも楽しいものがあります。
 また、神社にしては珍しく交通安全教室というものも開催されている
ようです。

茨城県の交通安全にゆかりのある神社一覧

【茨城県内の神社・寺など】
 下に茨城県内で交通安全にゆかりのある神社をまとめてみました。
ただ、現在も実際にお守りが販売されているかどうかなど最新の
詳しい点については神社に直接問い合わせてみてください。

●石岡市
常陸国総(國總)社宮 : 茨城県石岡市総社2-8-1

●笠間市
出雲大社常陸分社 : 茨城県笠間市福原2001
笠間稲荷神社 : 茨城県笠間市笠間1

●鹿嶋市
鹿島神宮 : 茨城県鹿嶋市宮中2306-1

●下妻市
大宝八幡宮 : 茨城県下妻市大宝667

●常総市
一言主神社 : 茨城県常総市大塚戸町875

●羽黒市
羽黒神社 : 茨城県筑西市甲26

●つくば市
一ノ矢八坂神社 : 茨城県つくば市玉取2617
筑波山神社 : 茨城県つくば市筑波1

●日高市
御岩神社 : 茨城県日立市入四間町752

●水戸市
水戸東照宮 : 茨城県水戸市宮町2-5-13
水戸八幡宮 : 茨城県水戸市八幡町8-54
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.