よく読まれている記事

トラックに灯油や重油を入れて走るとどうなるの?

トラックは軽油以外で走るのか?

誤給油
 乗用車の燃料といえばガソリン、トラックの燃料といえば軽油で
それぞれのエンジンはそれぞれの石油燃料でしか走行しないので
たまに取り違えてエンジンが故障しているケースがありますね。
 では軽油ではなく灯油や重油といったものをディーゼルエンジンに
入れたらどうなるのか…
気になる人も多いみたいなのでまとめて
みました。


軽油とガソリン

【軽油とは?】
軽油とガソリン  軽油とは、主にディーゼルエンジンの燃料として使用されるもので
重油に対応して軽油と付けられただけで軽自動車用の燃料ではないので
取り違えてしまうとエンジンの故障につながります。
 蒸留によって得られる沸点範囲は180~350℃程度。

【レギュラーガソリンとは?】
 レギュラーガソリンは主に乗用車用の燃料として使用されるもので
とても揮発性が高く、引火点は-40℃ととても低く常温でも火をつける
だけで燃焼がはじまることや空気より重いので床や地面などの低い
ところに這うように沿って広がることから扱いを取り違えた大事故が
度々起こっています。
 蒸留によって得られる沸点範囲は30~220℃程度。

【軽油とガソリンの違い】
 ガソリンも軽油も元は同じ石油なわけですが、その違いは蒸留時の
採取温度にあって、簡単に説明するとガソリンと軽油の蒸留温度の
違いにあって、燃えやすさなどそれぞれの特性が異なるので誤給油を
すると正しく燃焼されずにエンジンが動作しないというわけです。

軽油と灯油と重油について

【灯油を入れるとどうなる?】
沸点範囲  軽油は沸点範囲が180~350℃で灯油は沸点範囲が170~250℃と
とても近いので似たような性質を持ち、ディーゼルエンジンに
灯油を給油したとしても問題なく走行することができます。

 しかし、灯油には白煙剤と呼ばれるものが添加されているので
そのまま使用すると大量の白煙が上がるほかクマリンという識別剤が
加えられているので代用してることはすぐに判別可能。
 ただし、灯油に対して軽油の配合割合を半分程度まで希釈すると
上記の性質は薄れるそうです。

 ただし、灯油には潤滑剤と呼ばれるものが含まれていないので
エンジンの各パーツの磨耗が軽油に比べて早く、そのまま使用を
続けると最終的にはエンジンが壊れてしまいます。

【重油を入れるとどうなる?】
給油ノズル  重油は軽油に少量の残渣油と呼ばれるものを添加させたもので
軽油より沸点が高く重粘質であるという特徴を持ちます。

 ディーゼルエンジンに重油を給油したとしてもこちらも問題なく
走行することができますが、重油は軽油よりも沸点範囲が高いので
軽油よりも燃焼に高い温度を必要とするので車両によっては始動
しないといったケースがあるようです。

 また、重油は燃焼させると黒煙が出て二酸化炭素の排出量も
増えたり炭素がエンジン内に溜まるのでこちらも最終的には
エンジンが壊れてしまいます。

トラックに軽油以外のものを使う際の注意点

【不正軽油?脱税?】
 トラック用の燃料として灯油や重油といったものを使うことが
一応可能ということは上記のとおりですが、実はトラック用の燃料に
灯油や重油といった軽油以外のものを使用することは法律で
禁じられていて立派な脱税行為となってしまうので注意が必要です。

●不正軽油の検査・判別方法について
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-246.html


●不正軽油の使用でトラックの故障が続出、責任は誰に?
http://blog.livedoor.jp/gootruck/archives/5889594.html

【例外も】
 ただし、寒冷地では軽油が凍結してしまうという問題に対する
例外として、そのような場合に限ってはトラック用の燃料として
少量の灯油を添加することが許可されています。

 しかし、このケースでも後になってからその分の軽油引取税を
きちんと支払う必要があり、適切な処置を行わないと上記と同じ
理由で処分される恐れがあるので注意が必要です。
関連記事

Comment

「軽油取引税」では有りません、「軽油引取税」です。
  • 2012/06/26 10:17
  • さとた
  • Edit
Re: タイトルなし
> 「軽油取引税」では有りません、「軽油引取税」です。

ご指摘ありがとうございます!
ただちに修正しました。
  • 2012/06/27 15:36
  • トラック情報
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)