よく読まれている記事

CNGトラックとは何のこと?

CNGトラックの性能とは?

CNGガス
 CNGトラックとは、天然ガスを燃料として利用したトラックとして
ハイブリッドよりも高い環境性能を持つことで注目されていますね。
 そんなCNGトラックですが、そもそもCNGとは何なのかといった
ことから性能や燃費などを含めてメリットやデメリットなどに
ついてもまとめてみました。


CNGトラックについて

【CNGとは】
CNGトラック  CNGとはCompressed Natural Gas(圧縮天然ガス)の略称のことで
一般的には天然に産出する化石燃料の炭化水素ガスを表します。
 地下に存在しているものや地下から地上へ噴出しているものなどがあり
天然ガスと一口に言ってもその産地によって若干成分が異なります。

 ちなみに、天然ガスは上の画像の1袋分で一般家庭で使う1~2週間分の
ガスがまかなえる量になるとのことです。

【CNGトラックとは】
 CNGトラックとは、その天然ガスを燃料としてトラックのことで
最近取り沙汰されることが多い環境問題ですが、政府が定めた基準
よりも大幅に排出量が少ないことから一部メーカーで商用車として
開発されています。

●いすゞ自動車フォワード(CNG-MPI)
http://torakujp2011.blog.fc2.com/blog-entry-182.html

●いすゞ自動車エルフ(CNG-MPI)
http://torakujp2011.blog.fc2.com/blog-entry-149.html

●窒素酸化物 ●二酸化炭素 ●硫黄酸化物 ●黒煙
: : : :
60~70%低減 20~30%低減 100%低減 100%低減

CNGトラックのメリットとデメリット

【メリット】
豚の貯金箱  CNGトラックの最大の特徴は他の車に比べて大幅に環境性能が
高いということですが、実はそれだけではなくて燃費や
車両価格も安くて補助金制度や税制優遇などによって年間の
ランニングコストも安く済ませることができるという点が
挙げられ年間で30万円程度のコストダウンになるという試算も
挙げられています。

【デメリット】
 そういったメリットがある一方で、CNGトラックは現時点ではとても
普及しているとは言いがたく、燃料の充填場所が少ないなど導入に
難色を示す事業所も少なくはないようです。
 また、燃料に潤滑性がないので各部の磨耗が激しく故障しやすい
という点や特別な設備を必要としないハイブリッドカーの普及が
進んでいることなどからCNG仕様の車は次第に廃止される傾向が
目立っています。

ちなみに

【圧縮天然ガスの特徴】
 CNGはガス状の燃料ということで、知らないうちに漏れたり
燃え移ったりして大事故を招くのではないかという不安も
ありそうですが、その点は燃料タンクが通常のものよりも
頑丈に作られていることや揮発性が高く常温では急速に蒸発して
空気よりも軽いから大気中に拡散しやすいというCNGの特性から
その他のガスやガソリンよりも安全性は高いと思われます。

 しかし、過去に全く事故が起きていないというわけでもなく
2009年5月10日にCNGのパイプラインが爆発した際には300mもの
火柱が上がり、深夜の市街地がまるで昼間のような明るさだった
とまで言われる事件もあったりしたので取り扱いは慎重になるに
こしたことはなさそうです。

●東京タワーほどの高さにもなる火柱
火柱の様子 警官隊の様子
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)