よく読まれている記事

交通安全のお守りで有名な神社・寺(静岡県編)

静岡県の交通安全のご利益があるお守りは?

静岡県の神社
 これまでいろいろな都道府県の交通安全のお守りを取り扱っている
神社をまとめてきていますが、今回は富士山や茶畑などでおなじみの
静岡県について調べてみました。
 静岡県は全国的にも交通事故数がワーストに近い県なので、新しい
機会に新しいお守りを身につけることで安全意識をあらためて今後の
無事故無違反を目指しましょう。


神社について

【交通安全のご利益について】
三熊野神社  同じ形でも目的に合わせていろいろなご利益があるお守りですが
この効果は神社が適当につけているというわけではなく、その神社に
由来する性質や神様の性格など得意分野的なものによって
決めているとのことで、有名な神社でなくともお守りがあれば普通に
ご利益は得られるものと考えられます。

 ちなみに画像の提灯は静岡県の掛川市にある三熊野神社というところの
お祭りの様子で、こちらの三熊野神社でも交通安全車清祓というものを
やっているようです。

お守りの取り扱いやご利益

【取り扱い方法】
●富士山にもお守り
富士山のお守り
 お守りといえば、外からは中身が見えないようになっている構造で
何が入ってるのか気になるものの開けてはいけないと良く言われて
いますよね。
 これにも中に大したものが入っていないからというわけではなく
実はきちんとした理由があります。

 よく口が塞がれて紐で縛られている状態で配られているお守りですが
その内部には力を持つ存在を閉じ込めているので開封してしまうと
せっかく閉じ込めたその力が逃げてしまうのだそうです。

 まあ、せっかく神社まで行って大事なお金と引き替えに
手に入れるお守りなので無下には扱わず

●身の回りに置いておく
●中身は開けない
●雑に扱わない

といったことに気ををつけてなるべくお守りのご利益が発揮
されるようにしておきましょう。

【お守りの有効期限】
 ちなみにお守りの有効期限は1年間とも良く言われていますが
調べてみたらお守りには有効期限というものは特にないようで
例えあるにしても祈願の内容自体が期限つきの場合(受験や安産など)
くらいのようです。
 「年々効果が落ちていってるのでは…?」と思っている人も多い
みたいですが特に気にする必要もないみたいで、むしろ年季が入って
くることで効力が高まってそうにも見えますよね。
 ただ、初詣などで新しいお守りを手に入れて古い方を処分する時は
ゴミ箱に捨ててしまわずにちゃんと神社に引き取ってもらうように
しましょう。

静岡県で定番の交通安全お守りといえば

【小御嶽神社】
小御嶽神社  位置的には静岡県ではなく山梨県になってしまうのですが富士山の
富士山の山中(五合目)に位置する小御嶽神社という神社があって
古来より崇拝の対象として登山が行われていた富士山の登山者の安全と
富士山の平静が祈られてきました。

 旅の無事を祈るという意味からか交通安全のご利益もあるようで
近年はパワースポットとしても注目を集めています。

静岡県の交通安全にゆかりのある神社一覧

【静岡県内の神社・寺など】
 下に静岡県内で交通安全にゆかりのある神社をまとめてみました。
ただ、現在も実際にお守りが販売されているかどうかなど最新の情報
についてはそれぞれの神社に直接問い合わせてみてください。

●浜松市北区
井伊谷宮 : 静岡県浜松市北区引佐町井伊谷1991-1

●静岡市
浅間神社 : 静岡県静岡市葵区宮ケ崎町102-1
久能山東照宮 : 静岡県静岡市根古屋390
静岡県護国神社 : 静岡県静岡市葵区柚木366

●下田市
伊古奈比命神社 : 静岡県下田市白浜2740
向陽寺(下田達磨大師) : 静岡県下田市宇土金339
下田八幡神社 : 静岡県下田市1-18-38

●袋井市
法多山尊永寺 : 静岡県袋井市豊沢2777

●三島市
三島大社 : 静岡県三島市大宮町2-1-5

●焼津市
焼津神社 : 静岡県焼津市焼津2-7-2

●賀茂郡
浅間神社 : 静岡県賀茂郡松崎町雲見386-2
川津来宮神社 : 静岡県賀茂郡河津町田中154

●周智郡
天宮神社 : 静岡県周知郡森町天宮576
小国神社 : 静岡県周智郡森町森3956-1
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)