よく読まれている記事

エアサスの利点・欠点

エアサスはメリットだらけ?

エアサスとは
 サスペンションが空気バネ出できているエアサス。
車体の振動を押さえて快適な乗り心地を実現できますが、
まだまだ金属バネ製のサスペンションのほうが主流になっています。
 エアサス車の特徴やメリット・デメリットを考え、装着する場合には
失敗しないように前もって知識を得ておきましょう。


エアサスについて

【エアサスとは】
ニーリングとクラウチング  トラックにかぎらず、自動車にはサスペンション(懸架装置)がついて
おり、このサスペンションの特性によって大きく乗り心地や操作性が
変わってきます。
 通常、サスペンションは金属製のバネを部品として用いていますが、この
バネを圧縮空気に置き換えたものがエアサス(空気バネ)と呼ばれており、
バスやトラックで主に利用されています。
【エアサスにできること】
 エアサスはサスペンションとしての機能の他に、ニーリング機能と呼ばれる
扉側の前輪後輪に対する車高調節機能がついています。
 バスの乗降時にエアサスの空気を抜くことにより、車高を下げ、乗り降り
しやすくすることが出来ます。
 路線バスなどではバリアフリー化が進んだことにより、ノンステップバスに
代表される低床車を中心にエアサスの採用車種が増えています。
 また、観光バスなどの前方のみに乗降口がある車両では前輪の左右とも
エアサスの空気を抜いて車両を調節する機能があり、これはクラウチング機能
と呼ばれています。

エアサスの利点と欠点

【エアサスの利点】
 エアサスの利点はなんといっても荷台振動の軽減です。
 通常の金属バネのサスペンションだと、定量の荷物を積んでいる時
には問題ないのですが、荷物の重量が少ない(ケーキなど、荷物が軽いなど)
時には荷台振動がどうしても大きくなります。
 しかし、エアサスの場合にはボイルの法則(一定温度下での圧力と体積は
反比例の関係にある)で、重くなれば反発力が強まり、荷物がないときには
反発力が弱まるようになっています。
 これにより、振動の振り幅が小さくなり、快適な乗り心地になります。
 
 また、前項でも述べた車高調整の機能もエアサスの利点の一つです。

【エアサスの欠点】
 エアサスには致命的な欠点があり、金属バネと比べると格段にコストが
かかります。

 エアサスの構造上、空気漏れがつきものになり、定期的な点検と修理が
必要不可欠となります。
 ただでさえ修理費用がかさむトラックともなれば、その費用はバカに
ならない金額になってしまうこともあるようです。
 また、走行中に空気が抜けることもあるそうです。
 良い点ばかりでもないというのがいまのエアサスの現状みたいですね。

エアサスの今後

【iphoneでエアサス制御も】
お医者さんに見てもらう  東京オートサロン2012ではiphoneでエアサスを制御する車両が展示されて
いたそうです。
 エアサスだけでもないですが、今後はこのように通信技術と連携して車両の
制御や荷物の管理などを行うようになっていくのではないかと思います。
 苦手意識を持ってる場合でもなくなる自体になるかも知れません。

【やはり空気漏れ対策が課題】
 エアサスの空気漏れ対策は今後のエアサス普及への課題となる事は間違い
無いと思います。
 逆に言えば耐久性の改善と後付する場合の作業の簡素化が進めば、金属バネ
よりも利点が多いエアサスが主流になる可能性もあります。
 今の段階ではエアサスの利点を上回るコストが普及を阻んでいるので、荷物
などの状況に合わせて使い分けていくようにするしか無いですね。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)