よく読まれている記事

天井が高い、自動車のスーパーハイルーフとは?

大型トラックのスーパーハイルーフとは?

スーパーハイルーフ
 トラックにはどのような業務であっても最適な効率で稼働できる
ようにいろいろな荷台の形式、キャビンの形、エンジンや駆動方式の
中から自分に見合ったものを選べるようになっていますね。
 今回はそんなトラックの使用の一種であるキャビンの天井部分に
ついて標準のルーフとスーパーハイルーフと呼ばれるものでは一体
どのような点が違うのかまとめてみました。



トラックのルーフについて

【ルーフとは?】
標準ルーフ  ルーフとは、英語でroof(屋根)という意味を持つ言葉で、文字通り
トラックのキャビンの天井部分のことを表しています。
 通常の平ボディトラックなどではルーフは平らになっていることが
多いのですが、このトラックのルーフにもいろいろな種類のものが
あります。

【スーパーハイルーフとは?】
 さて、ではスーパーハイルーフとはどのようなものかというと
これはトラックの屋根の上に居住スペースがあって、人が入ることが
できるようになっているルーフのことを表します。
 簡単に言うとスーパーハイルーフはちょうど画像のような秘密基地
のような形になっていて、呼び名は各メーカーによって若干異なる
部分もあるのですがおおよそ「○○ハイルーフ」という表記になって
いることが多いようです。ルーフにもいろいろな種類のものが
あります。

●スーパーハイルーフの形状
スーパーハイルーフの外観 スーパーハイルーフの内部

いろいろなルーフ

【ルーフの形状について】
 ルーフの形状は下の画像のように全く違う種類のものでも見た目には
全て同じような形に見えます
中に人の寝室があるものからただのハリボテのようなものまで様々です。

 もちろんこれらのルーフ形状にはそれぞれ微妙な違いがあって判断
することも簡単なのでいろいろなルーフの形状とその特徴について
1つずつ説明していきます。

●全て形が似ていますが全部違う種類のルーフです
ハイルーフ スーパーハイルーフ 風防

【ハイルーフ】
ハイルーフ  ハイルーフとは、その名の通りキャビンの天井が高い屋根のように
なっているものでドライバーがトラックの中でも動きやすいように
なっているだけでなく、天井が高い分収納スペースも多く確保されて
いたりします。

 外観からの見た目にはキャビンの上に隙間なくピッタリと追加の
スペースがくっついているように見えるのが特徴です。

ハイルーフの内部

【スーパーハイルーフ】
スーパーハイルーフ  スーパーハイルーフは、上記の通りカプセルホテルのような構造
なっていることで主に長距離・大型といったトラックのドライバーが
横になって休憩を取ることができるようになっているものです。
なっているだけでなく、天井が高い分収納スペースも多く確保されて
いたりします。

 外観からの見た目はハイルーフととても良く似ているのですが
スーパーハイルーフの場合は寝室の採光のために窓が設けられている
という点がハイルーフとは異なります。

スーパーハイルーフの内部

【風防】
風防  風防は、スーパーハイルーフやハイルーフといったものに良く似て
いますが、中身は空っぽになっていて風よけの役割を果たすものなので
分類としては標準ルーフということになります。
 なぜこのようなものが付けられているのかというと、特にアルミバンや
ウイングボディといったタイプの荷台で標準ルーフだった場合は四角い
荷室に正面からもろに空気抵抗を受けてしまうので、燃費や速度の
向上のために設置されています。

 外観からの見た目はスーパーハイルーフのように見えなくもないのですが
トラックの横側から見ると空っぽのハリボテのようになっているのが
良くわかります。
 下の画像は風防の内側を撮影したものです。

風防の内部
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)