よく読まれている記事

高速道路にあるSAとPAの違いとは?

高速道路上にあるSAとPAの違いって何?

NEOPASA
 高速道路や有料道路を利用したことがある人にとってはおなじみの
サービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)ですが、どちらも似たような
休憩施設であるにも関わらずSAとPAという2つの名前が使い分けられていて
「いったい何が違うのか」と疑問に思っている人も多いのでは
ないでしょうか?
 ということで今回は、そんなSAとPAの違いについて調べてみました。


SAとPAについて

【SA・PAとは?】
SA・PAの看板キーホルダー  そもそもSAやPAとは何なのかというのを一応説明しておきますと
これらはいずれも高速道路や有料道路の利用者に向けて休憩用として
作られた施設のことです。
 なぜこのような運営の形態を取っているのかというと、これは
高速自動車国道法という法律によって高速道路の沿道には商業施設を
設置してはいけない
とされているからでSAとPAに限っては
その例外としてドライバーの休憩や補給を目的として設置が許可
されている、というわけです。

 とはいえ、最近は民営化や規制緩和などの影響でショッピングモール
顔負けのサービスエリアもたくさん作られてきてグルメだけでなく
温泉のある風呂施設まであるところまで出てきているので、もしかしたら
このルールは近いうちに改正される可能性もあるかもしれないですね。

【パーキングエリア(PA)とは】
 高速道路などにおおよそ15~20kmおきの間隔で設置されている施設の
ことで駐車場、トイレ、必要に応じて売店が備え付けられています。
 例外もありますが、一般的には駐車場もそれほど大きくなく売店も
最小限でシンプルな作りになっているものが多い傾向があります。

●PAの例
蔵王PA

【サービスエリア(SA)とは】
 高速道路などにおおよそ50~60kmおきの間隔で設置されている施設の
ことでパーキングエリアにある駐車場、トイレに加えて給油所、休憩所
売店、食堂などなど多くの機能が備え付けられたレジャー施設のような
作り
になっています。
 特にグルメ・温泉・ドッグランなどといった人気のものは高速道路を
利用する際の楽しみの1つともなっています。

●SAの例
刈谷SA

SAとPAの違い

【国土交通省によると…】
道の相談室  どちらも同じ休憩施設で、PAが最小限の休憩が取れる施設で構成
されていて、SAがレジャー要素もある便利な施設であるということは
なんとなくわかりましたが両者を見分けるポイントというのは
どのように判断すれば良いのでしょうか?

 国土交通省によると、公式で次のような回答が得られています。

高速道路の休憩施設は、提供するサービスの内容、休憩施設相互の位置関係に
よりサービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)に区分しています。

一般的にはサービスエリアには休憩所、駐車場、トイレに加え売店、食堂
給油所などが備わっており、パーキングエリアには駐車場、トイレ、必要に
応じ売店が備わっております。

 ということで厳密な区分があるというわけではないようで
見分けるポイントなどといったものも存在するわけではないようです。

【区分のポイントは?】
 実際、上信越自動車道の妙高SAはとても小規模である一方で
三芳PAのようにPAとは思えないような大規模なものがあったりと
現実にはSAとPAの違いは運営側の"自称"によって違っているだけ
という感じになっています。

 しかし、個人的には食事や給油などができないSAというのはそれが
目的で入ってきたドライバーなんかににとってはかなり困ったことに
なりますし、せっかく名前を分けているのだからきちんと分類して
ほしいところではありますけどね。

参考資料

【参考資料】
●SA・PA グルメ温泉の旅(全国のSA・PA情報の一覧)
http://highwayrunner.blog.fc2.com/

●パーキングエリア
http://ja.wikipedia.org/wiki/パーキングエリア

●サービスエリア
http://ja.wikipedia.org/wiki/サービスエリア
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)