よく読まれている記事

日本と米国でのピックアップトラック

日本と米国でのピックアップトラック
ピックアップトラック
いつもは商用車を中心に紹介していますが、今回はまた違ったトラックを、ご紹介します。
米国で人気の「ピックアップトラック」についてです!
洋画で見かけたりするこの車。実際はどういったふうに米国で使われているのか? 日本での需要は?などちょっとした疑問をまとめてみました。



ピックアップトラックって?

ピックアップトラックとは米国での自動車の分類のひとつで、大型以外のトラックの総称である。
ボディ形状は、キャビン以降に開放式の荷台を有する。

・日本の車検証では…
キャビンと荷台が一体となっているもの
(例・ファミリアピックアップ、パブリカピックアップ、サニートラック)
ピックアップと記載。

別々となっているもの(例・ハイラックス、プロシード)
ボンネットと記載。
日本では、キャブオーバー形は、小型のものでもピックアップには含まないので、
単にトラックと呼ばれることが多い。



開発費抑制のため多くは乗用車やSUVと車台を共用し、中にはFF式の乗用車をベースとしているものもある。
アメリカ製の車両では、荷台開閉時、積み降ろし作業者の足元に排気ガスが直接あたらないよう、排気管の口の位置が一般的な車と異なり、車体の荷台後方側面から出ているものがとても多い。
雨や雪の多い日本では需要が少ないが、北米をはじめタイを中心とした東南アジア、アフリカ、南米などで人気がある。

アメリカでのピックアップトラック

ピックアップトラックが米国で急速に普及し始めたのは、ピックアップトラックの自動車税が州によって無税か割安になるため、所得の少ない若者達がファッションとしてこぞって乗り始めたためである。(それまでは農場で使われていた。)

中西部や南部では、その武骨で力強いスタイルが西部開拓時代のシンボルである馬を彷彿させ
ピックアップトラックに乗る事が一種のステータスのようにとらえられている。
これに迎合しピックアップトラックのテレビCMの大半にカントリー・ミュージックが使われている。
(そのステータス性は映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で主人公マーティーが憧れる車として描かれたことでも窺える。)

これらの人気要素に着目した米国の旧ビッグスリーと、現地のトヨタ、日産、ホンダがフルサイズピックアップを生産をしている。
商用よりはむしろ通勤・通学用、レジャー用、家庭用として使用されることが圧倒的に多い


国内生産されているピックアップトラック

現在、日本の自動車メーカー製で新車購入できるピックアップトラックは「三菱のトライトン」のみである。
世界戦略車として位置づけられており、タイで生産が行われ、北米などを除くほぼ全世界に輸出されている。



三菱トライトン
  ▲「三菱トライトン」
ボディタイプ…4ドアピックアップ
エンジン  …6G74型 3.5L V6 SOHC
最高出力  …137kw/4,750rpm
最大トルク …303N・m(30.9kgf)/3,750rpm
駆動方式  …4WD
全長    …4,995㎜
全幅    …1,880㎜
全高    …1,780㎜
車両重量  …1,850㎏

価格
294.0~298.0万円



国土が広大で道路が広く、全長に対する規定等が緩い米国等とは違う日本での需要はあまりないのかもしれません。
ですが、うえで紹介した「三菱のトライトン」は生産開始後から約一年で累計生産台数が8万1千台を超え日本ではマリンレジャーなどのアウトドアスポーツを好むユーザーを中心に、国内導入の要望も高かったそうです。
他に、中古車で高値取引されるなど、同カテゴリがユーザーから熱望されているという市場状況もあるので、日本でのピックアップトラックの需要がまったくないとはいえませんね。

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)