よく読まれている記事

交通安全のお守りで有名な神社・寺(千葉県編)

千葉県の交通安全のご利益があるお守りは?

千葉県の神社
 これまでいろいろな都道府県の交通安全のお守りなどを取り扱う
神社をまとめてきていますが、今回はディズニーランドなどのレジャー
施設でおなじみ、千葉県について調べてみました。
 千葉県は全国的に見ても都会で各交通機関が発達しているため
交通事故数・死亡者数はともに全国でもトップ5に入るか入らないか
くらいの少なさですが、そうはいっても気持ちを引き締めて事故を
起こさないように安全運転を目指しましょう。


神社について

【交通安全のご利益について】
熊野神社  全く同じ見た目をしていても目的に合わせていろいろなご利益が
 あるお守りですが、実はその効果はその神社に由来する性質や神社に
祀られている神様の性格
などによって決められているそうで
神社の人が適当に取ってつけている…というわけではなくきちんとした
理由があるらしいです。

 ちなみに画像の神社は千葉県の袖ケ浦市にある熊野神社という
全国に3000社以上あるポピュラーな神社の一種なのですが、地図にも
記載されていない、石祠不明、由緒不明、ご利益も不明というなんとも
不思議な神社です。
 周囲の景色と相まって、映画のワンシーンにありそうな雰囲気が…。
 交通安全とは一切関係ないですが、近くに住んでいる方はちょっと
のぞいてみるのもいいかも知れません。

●熊野神社(袖ヶ浦市)
住所 : 千葉県袖ヶ浦市谷中536

お守りの取り扱いやご利益

【取り扱い方法】
●さすがにこれは…
変なお守り
 お守りといえば外からは中身が見えないようになっていて
口を閉じられているのが一般的ですが、中に何が入ってるのか気に
なってはいるものの開けてはいけないと教えられているので何となく
開けたことがないという人はかなり多いのではないでしょうか?

 なぜお守りを開けてはいけないかというと、実はこれにはきちんと
した理由があって(もちろん大したものが入ってないから開けられると
それがバレて困ってしまう…というわけではありません)お守りの
内部には力を持つ存在を閉じ込めてあるとされていて開封して
しまうことで、せっかく閉じ込めたその力が外へと逃げてしまう
のだそうです。
 そのために、わざわざ封までした上に開けてはいけないと
教えられているんですね。
 まあ、せっかく神社まで行って大事なお金と引き替えに
手に入れるお守りですので扱いは

●中身は開けない
●身の回りに置く
●雑に扱わない

といったことに気をつけて、なるべくお守りのご利益が
発揮されるようにしておくのが良いと思います。

【お守りの有効期限】
 ちなみにお守りの有効期限は1年間という噂もあるみたいなのですが
調べてみたら平たくて小さいあのお守りの場合は有効期限とかいった
時間制のものはないようでした。
 あったにしても祈願の内容自体が期限つきの場合(受験や安産など)
くらいらしいです。

 なので「年々効果が落ちていってるのでは…?」と思っている人も
特に気にする必要はないと思います。
 むしろ年季が入ってくると見た目的には効果が高まっている気すら
しますけどね(根拠はありませんが)。

 ただ、初詣などで新しいお守りを手に入れて古い方を処分する時は
ゴミ箱に捨てたりせずにちゃんと神社に引き取ってもらうように
気をつけましょう。

千葉県で定番の交通安全お守りといえば

【成田山新勝寺】
成田山新勝寺  チョロQお守りでおなじみの成田山・千葉版です。
 こちらも交通安全のお守りを取り扱っていて、交通安全のご利益を
プッシュしています。
 残念ながらこちらではチョロQお守りは取り扱ってはいないよう
なのですが、それ以上のキワモノお守りも…。

成田山総門キューピー 成田山無事カエルキューピー

千葉県の交通安全にゆかりのある神社一覧

【千葉県内の神社・寺など】
 下に千葉県内で交通安全にゆかりのある神社をまとめてみました。
ただ、現在も実際にお守りが販売されているかどうかなど最新の情報
についてはそれぞれの神社に直接問い合わせてみてください。

●銚子市
猿田神社 : 千葉県銚子市猿田町1677-1

●佐原市
香取神宮 : 千葉県佐原市香取1697-1

●山武市
金刀比羅神社 : 千葉県山武市松尾町八田50

●館山市
安房神社 : 千葉県館山市大神宮589
洲崎神社 : 千葉県館山市洲崎1697

●成田市
成田山新勝寺 : 千葉県成田市成田1

●松戸市
松戸神社 : 千葉県松戸市松戸1457

●香取郡
神崎神社 : 千葉県香取郡神崎町神崎本宿1994

●長生郡
白子神社 : 千葉県長生郡白子町関5364
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)