車で野生動物に衝突、事故の処理はどうすればいい?

動物と道路で衝突事故を起こしてしまったとき

道路に飛び出してくる動物
 高速道路や一般道などを運転していると、ときどき猫や犬などと
いった動物がいきなり路傍から飛び出してくることが良くありますよね。
 中には危うく衝突事故を起こしそうになってヒヤリ…といった経験が
ある人もかなり多いのではないでしょうか?
 このような衝突事故による動物の死傷事故?をロードキルと言うのですが
このロードキルについて衝突防止の対策や起こしてしまった時の処理
などをまとめてみました。
道路上での動物の飛び出しについて

【ロードキル】
飛び出し注意の標識  動物が道路上で車に轢かれることをロードキルといい
キルとは言いつつ動物の怪我などもこれに含まれています。
 ロードキルは自動車の走行上の安全性(避けようとして二次災害
衝突してコントロール不能に)などがあるだけでなく、動物や
自然生態系の保全の観点からも問題視されていて柵や動物用の
トンネルが作られるなど一部対策が取られてはいますが根本的な
解決には至っていません。

【衝突による被害など】
シカとぶつかって廃車に  動物と衝突してしまった場合は、動物が犬や猫といった小さかった
ときは車のドライバーすらも気づかなかったりと車への直接の被害
というのはほとんどありません。

 しかし、クマやシカといった比較的大型のものともなると車の方が
廃車になってしまうことも珍しくありません。
衝突前後の二次災害も大きくなりがちだったりと命に関わるケースが
多いので大型動物との衝突が多発している地域では注意が必要です。

動物と衝突してしまったときのケース別対処法

【事故を防ぐためには】
 動物との衝突事故を防ぐために一番いい方法はスピードを落として
安全運転することなのですが、それでも普通では考えられないところから
飛び出してくるのが動物というもので、100%事故を防ぐというのは
不可能なのは言うまでもないですよね。
 ということで、実際に動物との衝突事故が起こってしまったときに
どのように対応・対処したら良いのかをいろいろなケース別に分けて
まとめてみました。
 衝突事故は車を持っている人には誰にでも起こり得ることなので
ぜひ参考にしてみてください。

動物との衝突事故の瞬間

【衝突して動物が無傷だった場合】
負傷  動物と衝突してあちらが無傷だった場合は、動物側がそのまま
走り去ってしまうことが多く保険を使うような場合でなければ
こちらもそのまま走り去って問題ない(とするより他にない)ものと
思われます。

【衝突して動物が負傷した場合】
怪我  まずは警察に連絡をしてその後の指示を警察官から仰ぐことと
なりますが、負傷した動物の処置をどうするのかといった点が
大きな問題の1つですね。
 病院に運び込む場合などは基本的にその治療費はドライバーの
負担
となり、獣医師によっては治療を拒否される場合もあるようです。
(治療費を払うつもりなのか、完治後はどうするのか、野生の動物に
どこまで関与するのか、などといった点から)
 ちなみに、動物との交通事故は物損事故(自損事故)という扱いに
なるので減点も罰則もありません。

【衝突して動物が死んでしまった場合】
死亡  まず警察に連絡するという点は負傷した場合と同じです。
 一番の問題点は動物の亡骸ではないかと思いますが、こちらは
管轄する地方自治体(主に市役所など)によって処理されます。
 ひと通りの連絡を済ませたあとは二次災害を防ぐために車と亡骸を
安全な場所に移動させて到着するのを待ちましょう。
 また、このようなケースでも事故自体は物損事故(自損事故)という
扱いになるので同様に減点も罰則もありません。

事故時の注意点など

【保険の適応範囲について】
ご近所問題  動物との衝突は死傷者が出なかった場合は物損事故(自損事故)という
扱いになり、これは自賠責保険の対象外となるので注意が必要です。
 もし、物損事故に対応する任意保険がある場合は修理費などには
その保険を使うことになりますが、その場合は事故時に警察を呼んで
警察に連絡して事故証明を発行してもらう必要があるので絶対に
忘れないようにしましょう。

【衝突したのがペットだった場合】
 もし、人のペットを怪我させてしまった場合は場所にもよりますが
道路であれば放し飼い?にしていた飼い主の管理責任の方が重いという
ことになるようですが、ドライバーの無謀な運転が原因だった場合は
運転手側の責任の方が重くなるようです。
 一般的には前者のパターンが多いようなので、ドライバー側は
車体の修理費などを請求することはあれど訴えられるといったことには
あまりならないようです。
 ただしご近所トラブルなどにも発展しやすいケースなのでことは
なるべく穏便に収める方向で処理した方が良いでしょう。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.