よく読まれている記事

飲酒運転、逮捕されない数値になるまで何時間待ち?

飲酒運転は何時間経過すれば飲酒運転ではなくなるのか?

飲酒運転撲滅ポスター
 最近、規制が大幅に強化されつつあって捕まる人も多い飲酒運転。
少しでも飲酒してしまったら絶対に車を運転してはいけないとは
わかっていても、人間の人生なので何が起こるかはわかりません。
「私は飲酒運転なんて絶対に一生のうちに一度もしない」という人でも
飲酒運転についての意識は持っておいて損はないと思います。


飲酒運転について

【そもそも飲酒運転とは】
 あまり知られていないことですが、いわゆる世間で飲酒運転と
言われているものには正確には2種類の分類があって、それぞれ
「酒気帯び運転」と「酒酔い運転」という風に分けられています。
 酒気帯び運転と酒酔い運転は罰則も判断基準も異なっていて

酒気帯び運転 酒酔い運転
基準値 呼気中アルコール濃度0.15mg以上 警察による独自の判断
違反点数 25点 35点
罰則 3年以下の懲役or50万円以下の罰金 5年以下の懲役or100万円以下の罰金

となっています。
 ここで気になるのが酒酔い運転ですが、酒酔い運転については
基準値といったものが特になく、まっすぐに歩けるかどうかや
きちんとしゃべれるかどうかといった項目で警察によって判断されて
います。
 つまり、可能性としてはお酒を一滴も飲まなくても酒酔い運転と
判断されてしまう可能性もゼロではないように思えますが
一般的には呼気中アルコール濃度0.15mgを大きく上回る場合にのみ
適応されるようです。

【お酒が抜けるまでには何時間かかる?】
ビール  もしお酒を飲んでしまった場合は車の運転ができなくなるわけですが
では、体からお酒が完全に抜けきるまでにはどのくらいの時間がかかるの
でしょうか?

 これは体重約60kgの成人男性の場合で、1単位あたりおおよそ
3~4時間、2単位で6~7時間、3単位で9~10時間、4単位で
12~13時間ほどかかるとされています。
(※あくまで目安で体質・体格・性別などによって人それぞれです)
(※アルコール1単位:20グラム前後の純アルコール)

 つまり、深夜まで大量のお酒を飲んでいる場合は翌朝の
午前中になってもお酒が抜け切れていないということもあり得る
わけで、現に深夜に大酒を飲んだ人が次の日に酒気帯び運転で
検挙されたという例もあるようです。

●血中アルコール濃度が下がるまで
血中アルコール濃度

【ちなみに】
サウナ  ちなみに、人間の体がアルコールを体内で代謝するのは90%が肝臓で
残りの10%が呼吸・汗・尿などで排出されると言われています。
 つまり、どれだけサウナや運動で汗を流しても睡眠を取ってみたり
しても、酔い覚ましとしてはあまり効果が得られないので注意が必要です。

飲酒運転に関するQA

【お酒はすぐには回らない】
飲酒運転の防止  お酒は胃や小腸から血液に入り全身へと行き渡りますが、これは
すぐに行われるものではなくアルコール濃度の数値が上がってくるまで
には時間差があり酔いが徐々に回ってくるので「全然酔ってなさそうだし
大丈夫そう」と勘違いしてはいけません。

【○時間経過したから大丈夫】
 上記の1単位あたり3~4時間というのは、目安に過ぎないもので
実際はアルコールが体内から消えるまでの時間は人それぞれで全く
異なります。
 なのでこれくらい時間が経ったから大丈夫と思って運転したら警察に
呼び止められて、チェックの結果で酒気帯び運転の基準を超えて
しまっていることが発覚…なんてことも十分考えられます。

 また、例えアルコール濃度が基準の数値に達していなくても
その事故を起こす確率は普通の時よりも跳ね上がるとするデータも
あります。
 そのため、もし飲酒してしまった場合は例えその後に十分な
時間を置いたとしても運転しない方が吉といえるでしょう。

【男性と女性による違い】
 一般的に、女性は男性よりも代謝に時間がかかることが知られて
いるので、お酒を飲んだ日は例え時間が経っても運転を避けた方が
無難でしょう。

【ビール1本くらいなら大丈夫…?】
 ビール1本でも十分酒気帯び運転になってしまいます。
 ビール中びん1本のアルコールを飲んだときの血中アルコール濃度は
 おおよそ0.02~0.04%で、これは、呼気1リットル当たりの
アルコール量に換算すると、0.1~0.2mgに相当してしまいアウトと
いうことになります。

【お酒を早く抜く方法】
 アルコールを早く抜く、分解速度を高める方法というのは上記の通り
目に見えるほどの効果というものはほとんどありません。
 むしろ飲酒時の運動などは死亡リスクをかなり高めるので絶対に
しないようにしましょう。

注意点

【トラックのアルコールチェッカー】
アルコールチェッカー  現在、トラック運送業者とドライバーにチェックが義務付けられている
アルコールチェッカーですが、こちらの基準値は事業所によって違うものの
一般的には呼気中アルコール濃度0.10mg以上であるとされていて、これは
法律で酒気帯び運転とみなされる呼気中アルコール濃度0.15mg以上という
基準の数値よりもより厳しいものが設定されている場合が多いようです。

 そのため、呼気中アルコール濃度0.15mg以上に満たないような缶ビール
1本くらいなら大丈夫だろうと思ってそのまま検査を受けたりすると
思わぬ罰則を会社から受ける可能性もあるので注意が必要です。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)